SS 『Gem Stones』 ルビーとサファイア

 共用スペースのPCのキーボードをカタ、カタ、と叩きながら、如月千早は小さくため息をつく。

 何をどうやって探せばいいのか、さっぱり分からない。
 やはり、図書館にでも行った方が良かっただろうか。
 いや、結局一緒か。手掛かりとなる知識そのものが欠落しているのだから。


 共用スペースのソファに座り、ロングスカートの中で足を組んだ水瀬伊織は深いため息をつく。

 どうして今どきの高校生が、右手人差し指1本でキーボードを叩くわけ?
 そもそもそんなに苦手なら、小鳥にでも手伝ってもらえばいいじゃない。
 いや、結局一緒か。ネット上の小鳥は、街中のあずさくらい回り道が多いのだから。


 共用スペースの椅子から立ち上がり、千早が呟いた。
「ああ、どこかに宝石について詳しくて、今時間を持て余している人はいないものかしら」
 共用スペースの雑誌を退屈そうに開きながら、水瀬伊織が嘆息した。
「ああ、なんだか喉が渇いたわ。まだ給湯室の冷蔵庫にオレンジジュース、あったかしら」





gemstones1.png






 春先。ある日の午後。暇を持て余したアイドルが2人――。

「赤い宝石って、そんなもん、いくらでもあるわよ」
 オレンジジュースをグラスに注いだ千早からそれを受け取ると、伊織は小さく片眉を上げる。
「ルビー、ガーネット、レッドスピネルは間違いないわね。あとはトルマリンとか、ロードクロサイトとか」
 一口吸うと、微かな繊維質を感じる果汁が口いっぱいに広がった。
 伊織の言葉を、千早は手帳に書き込んでいく。
 その、いつに無く真剣な表情が、伊織の心に小さな火を灯す。
「ちなみに、4月の誕生石はダイヤモンドかクォーツよ」
 一瞬ペンを止めた千早だが、動揺を見せまいと、必死に平静を装った。
「何の話かしら、水瀬さん。ダイヤも水晶も赤くないことは知っているわ」
 必死で装ったせいで、あまりに芝居掛かった話し方になり、伊織はつい苦笑してしまう。
「あら、如月さん。どちらの宝石にも、赤い種類がございますのよ」

 765プロは、随分大きくなった。
 昔は誰がどこで何をしているか、全て手に取るように分かったものだ。
 最初の移転では、キレイになった、という印象だった。
 今回の移転では、大きくなった、というのが一番の感想だ。
 おかげでとても広く、そして2人は、まだしばらく2人っきりだった。

「既にもらっている訳ね。アンタが、アレから、青い宝石の付いた何かを」
 スッと一瞬息を止め、千早は、右の拳で胸元を押さえる。
「水瀬さん、なぜ、それを知っているの!?」
「知ってるんじゃなくて、千早が喋ってるのよ。全部」
 なんて分かりやすいリアクションだろう、と伊織は呆れ顔で息を吐く。
 千早が赤い宝石を探している、という時点で大方の予想は付くのだ。
 そもそも自分で身に付ける宝石を探すような性格ではない。だから、人へのプレゼントだ。
 そしてただのプレゼントなら、千早は宝石など選ばないだろう。だから、貰った宝石へのお返しだ。
 誕生石ではなく、色にこだわる、というなら、色にこだわったものを先にもらったに違いない。
 そしてその色は赤というなら、相手は1人しかいない。
「私、この事はまだ誰にも――」
「あーもう! メンドクサイから説明なんてしないわよ。いいからそのペンダント見せなさい」
 伊織が右手を突き出すと、千早はきっちり3秒ためらってから、そっと首の裏に手を回した。
  
「マーキスカットのサファイア。地金は、プラチナじゃないわね。これは、ホワイトゴールドだわ」
 伊織は、銀色と青の折り重なった、輝く雫を手のひらの上で転がしてみる。
 千早は伊織の手の中で揺れるペンダントを見ながら、空いた手を握ったり開いたりしている。
「ルビーね。迷う必要も無いじゃない」
 心配そうに上目遣いで視線を向ける千早から目を背けたまま、伊織は手の中のペンダントを返す。
 骨を取り上げられた犬のように不安げで、それでも文句を言えない目付きが、どうも気に障る。
「ルビーなら、私でも知ってるわ」
 手元に帰ってきたペンダントを大事そうに握り締める千早。
 その笑顔を見て、伊織は小さくため息をつく。じゃあ、知らない話でもしてやろうかしら、と。
「コランダム、っていう無色透明な鉱物があるわけ」
 伊織は向かいのソファを指し示し千早を座らせる。千早は、その手に従順に従った。
「そのコランダムに、クロムが混ざれば赤いルビー、鉄が混ざれば青いサファイアになるのよ」
「え? 水瀬さん、それ、どういう事?」
「宝石レベルのコランダムで、赤いものはルビー。それ以外の色は全部サファイアって事」
 ブルーサファイア、イエローサファイア、ピンクサファイアはこの世に存在する。
 しかし、レッドサファイアは存在しないのだ。
「一緒って事なのね。ルビーとサファイア」
「まぁ、間違ってないわよ。そう思っておけばいいわ」
 だから、アンタは喜ぶんでしょ――千早に聞こえないくらいの声で、伊織が呟いた。
 千早はその声に気づかないまま、ペンダントを眺めていた。
 ルビーを贈れば、一緒なのね――伊織に聞こえた声は、やけに嬉しそうだった。
「まぁ、ルビーとサファイアは一緒でも、アンタと春香は似ても似付かないけどね」
 千早は手を止め、それどういう意味、と伊織に問いかける。
 そのまんまの意味だけど、と伊織は笑った。
「歌が好きという、何よりも大きな共通点が――」
「その『好き』の向きが正反対なのよ。千早と春香は」
 千早の声を遮るように、伊織は言葉を重ねていく。

 まぁ、確かに『歌が好き』って言い方をすれば事務所のツートップかもしれないけど、
 ちょっと考えれば、何もかもが逆なのよ。
 アンタはいつだって、誰か一人の為に歌を歌ってるわ。
 でも、春香はいつだって、みんなの為に歌うのよ。
 アンタの歌は、みんなを黙らせる。聴く人間は、声も物音も立てないでしょう。
 でも春香の歌は、みんなを笑顔にする。聴いた人は皆、一緒に歌を歌いたくなる。

 少しずつ、千早の顔が硬くなっていく。
 深く考え込むように視線を落とし、きつく口を結ぶ。
「そういう所も、正反対よ」
 伊織は視線を逸らす千早の目を真正面から見据えたまま、水瀬伊織の言葉を紡ぐ。

 しょっちゅう転ぶおっちょこちょいだけど、転ぶって事は、前に進もうとした証よ。
 アンタはいつだって立ち止まって、後ろを振り返ってばかりで、一向に前に進みやしない。
 転ぶ事を怖がって、一度転んだら、もうこの世の終わりみたいに思い込んでる。
 春香は一人で立ち上がれるし、何度転んだって、しっかり立ち上がってくるわ。

 もう結構よ――目が逢った瞬間、千早が小さな声で言った。
「水瀬さんが私の事を嫌いだというのは、よく分かったわ」
 被害妄想ね――千早の言葉を聞いて、伊織が小さな声で言った。
「客観的な事実を言っただけよ。あんたがそう捉えるなら、それはアンタ自身が自分を嫌いって事ね」 
 千早の視線の先には、不機嫌そうな伊織の目があった。
「水瀬さん」
「な、何よ」
「私は、水瀬さんの事、嫌いじゃないわよ」
「どうしてそういう流れになるのよ! 訳分かんない事言ってないで、上着取ってきなさいよ」
 伊織は、ストローの限界を超えるような速さでオレンジジュースを飲み干した。
「このまま事務所にいたって退屈だから、ドライブに行くわよ」
 ソファから立ち上がると携帯を取り出し、1通、本文の無いメールを送る。
「途中で馴染みのジュエリーショップに寄るつもりだから、アンタも一緒に来なさい」
「水瀬さん」
「うるさいわね。とっとと上着を着なさいよ。外はまだ寒いんだから」
 伊織は、懸命に言葉を探していた千早に背を向け、スタスタと歩いて行った。
 千早はその背中に向かって、ありがとう、と声を掛けると、上着を取りにロッカーへ向かった。

 ピンク色の宝石にも、きっと色々な種類があるのだろうな、と千早は想いを巡らせていた。


                                                      【END】

テーマ : アイドルマスター
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

セルフ。

小六さんの所で律子と伊織のSS「オフライン」(http://show6.exblog.jp/12103953/
を拝見して、コメント書いてる最中になんとなく思いついた話です。
伊織を書きたいなぁ、と思った所からのスタート。

あと、私は宝石が大好きです。
パライバトルマリンのネオンブルーに心奪われ、
スフェーンの輝きに心躍らせ、
バイカラートルマリンのグラデーションにロマンを感じます。
そんな、趣味全開のSSでした。

ぎゃー。

…石には詳しいつもりだったけど、数倍の知識を叩きつけられましたw うん、浅学をさらさないで良かったw

いおりんのS加減と、千早への愛が素晴らしいです。
>「あら、如月さん。どちらの宝石にも、赤い種類がございますのよ」
>「知ってるんじゃなくて、千早が喋ってるのよ。全部」
などのセリフ、さらにその後の千早の追い込み具合、素晴らしい。

全体の構成も素晴らしいですね。
千早と宝石を関連語に、プラチナリングしか思い浮かばず、あれの裏側にはサファイヤでもついていたかしらん、シンプルなプラチナリングの裏側に誕生石とか、それは結婚指輪だよねぇ、とか疑問に思いつつ、「4月の誕生石」のキーワードを見逃し(と言うよりPの誕生日が4月の設定と思い込み)。伊織が「春香」の語を出して、思わず読み返し、おいおい気付けよ俺、と反省し。

あとは、ツボ入った点に。
>ソファから立ち上がると携帯を取り出し、1通、本文の無いメールを送る。
…だめだ。美しい主従関係、大好物です。ご馳走様でした。
もう一点。
>ピンク色の宝石にも、きっと色々な種類があるのだろうな、と千早は想いを巡らせていた。
うーん。その前に「もう結構よ」と言った千早が、この述懐か、とうならされました。これを結語に持ってくるとは、すばらしいセンスです。

…で、こちらはちはいおSSで宜しいのでしょうか?w

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

御礼。

> エイジ様

色々と説明不足だったかな、あとがきでも書いた方がいいのかな、
と悩みながら眠さに勝てず、とりあえずセルフコメントで出自だけ書いたんですが、
あとがきで触れようかと思ってたポイントをほぼ網羅して頂きました。
ありがたい事でございます。

第1話、とか付けてしまっているのですが、
アイドルに宝石を重ねようかな、と思ってからあれこれ考え、
今回の春香、千早の他にも色々と、組み合わせは出来ております。
次に書くとしたら、律子、雪歩、美希、辺りが有力かなぁ。

> …で、こちらはちはいおSSで宜しいのでしょうか?w

あー、深いですね。それは。
解釈によってはそう取れるかもしれません。
読み手の方の解釈と願望で再編成されうる内容ですね。

拝読致しました

 宝石の話と伺ってはいたのですが、これほど素晴らしいSSとは…うーん、素敵です。
 宝石にお詳しいとのこと、その知識もさることながらそれぞれの宝石への思い入れが溢れた文章でした。ルビーとサファイヤの関係、なるほど確かに春香さんと千早さんですね。ペンダントをプレゼントしたということですが、そのペンダントにも意味があるのかもしれませんね。大好きな人にペンダント(今回のSSではペンデュラム単体なのか、それともネックレスとして渡したのかは不明ですが)をプレゼントしたということ、それはつまり鎖としての意味があるのかもしれないと考えると、その文章描写の裏を想像してしまい、自分勝手ですがドキドキしてしまいましたw
 伊織さんの言葉や仕草の全てに伊織さんらしさを感じ、千早さんも千早さんらしくて、ああ素敵な千早さんと伊織さんのSSだぁ…としみじみ余韻を味わっております。伊織さんってこういう気遣いに関しては、アイマスキャラ一なのかもしれませんね。わざと誘導尋問をしたり(それでもネタ晴らしをしっかりしていたり)、宝石店に千早さんを連れて行こうとするシーンで「うるさい」と憎まれ口を叩いていたり(それでも冬の寒さから上着を着ていくように言っちゃっていたり)、気を遣っているのが分かるのに、それがどこか素直じゃなくて、本当に微笑ましく感じました。いいですね。こういう雰囲気の文章、大好きです。
 素晴らしいSSをありがとうございました!

御礼。

春香さんの出番が無くて、ごめんなさい。

なんといいますか、宝石とアイドルって、似てますよね。
キラキラしてて、みんなの憧れで、夢を形にしたような存在で。

765プロのみんなも最初は原石だけど、
ぶつかって、磨かれて、どんどんその輝きを増していく訳です。
「最初の頃はなぁ」とプロデューサーにニヤニヤされて、
「もう! 昔の事は言わないで下さい!」みたいに、頬を赤らめて。

試しに書いてみて、とても面白かったので、
シリーズ化しようと思い、第一話としてみました。
亜美真美とかはむずかしかなぁ……。
ぼちぼち続けて行きたいと思っております。

亜美真美は

亜美真美の石は、アレクサンドライト、では?
安直かしら?

あとは、エメラルドも素敵ですよ。
亜美真美の誕生石ですし、エメラルドは黄〜黄緑〜緑〜緑みの青、まで色がありますから。
ちょうど、亜美が黄色、真美が緑、ですしね。
あら? 亜美真美の色は黄色、真美の色も黄色、でしたよね。
緑は、律子ちゃんと美希ちゃんでしたね。
あらら?

Re: 亜美真美は

> 亜美真美の石は、アレクサンドライト、では?
> 安直かしら?

なるほど。カラーチェンジを双子に見立てる訳ですね。
正直、その発想は無かったです。
基本的には色合わせ優先で考えていますが、
限界が来たらその時点で路線変更するかもしれません。

アレクサンドライトかぁ。
発色の良い物を、1つくらいは手元に置きたいですね。
色の濃い、ペアシェイプなら言う事無しです。

なんて事をこのブログで呟く日が来ようとは。

検索フォーム

プロフィール

ガルシアP

Author:ガルシアP
◎レッガー=●カブキ=カブトワリ

twitterでは “ gar_cia_P ”。

SS書いてましたが、
動画も始めて3年経過。
こちら、デビュー作です。


360版からアイマス界に参加。
ゲームもCDも中の人達も、
ニコマスもSSも、大好き。

Web-:http://garciap.web.fc2.com/
mail:underkoverloverz◆gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ドミノ・ピザ最高!
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
アクセスカウンター
最新トラックバック