スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『企画』06 「一枚絵で書いてみm@ster・2」参加作品 『雫』

 
 その日は雪が、降っていた。


 珍しい日には珍しい事が重なるもので、その日の夕方、腐れ縁の旧友から電話があった。
 広告代理店に勤めるその男は、業界では情報通として知られている。
 ――何の事は無い。ただ噂話とゴシップが大好き、というだけの下世話な男だ。
 そんな男が、とびきり下世話な話を始める。

「聞いたか? 天海春香が、レコーディングに穴あけたってよ」

 それが第一声だった。
 担当の秋月プロデューサーが、方々に頭を下げているらしい。
 受話器に開いた穴を覗けば、ヤツのヤニ臭いニヤついた顔が見えそうなヒドい声だった。





     title_siuku.jpg




 今日も、雪が降っている。

 部屋に入ってきたのは、黒髪をショートボブにした女性だ。
 俺は、この人の制服姿しか、見たことがない。
「お手紙、届いてましたよ」
 ああ、どうも――と生返事を返して、視線も合わせずに封筒だけ受け取った。
 俺は、この人が苦手だ。

 薄ピンク色の封筒。手紙の差出人の名は、天海春香。
 先週聞いた、溶けたゴムのように不快な臭いの噂話が頭に浮かぶ。


 そして俺は、その手紙の封を――



 開けた。

 開けなかった。




 ……そりゃそうだ。
 「開けない」なんて選択肢、俺にある訳がない。









 気が付けば日は傾き、真っ白いはずの部屋の中が腐りかけのパイナップルみたいな色に染まっていた。
 カーテンの隙間を縫うようにして窓から差し込む光が瞳を刺し、目の底がひどく痛んだ。
 何度押さえてもまぶたの裏が焼けるようで、涙が止まらない。


 ノックの音。

 一度、キツく目を閉じて痛みを拭う。
 入ってきた彼女が言った。
「体、拭きますね」
 優しい声。手慣れた笑顔。
 俺は、この人が苦手だ。
 しばらく会っていない、元・同僚を思い出すから。

「俺、出られますかね……」
「その為にも、一緒に頑張りましょうね」
 それも、ひどく聞き慣れた答。
 腐りかけのパイナップルみたいに、甘くて苦い答だった。


    -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -

 その日は、雪が降っていた。

 2人は黙々と、雪の玉を転がしている。
 公園を半周し、その雪玉が20粒ほどの涙を飲み込んだ頃、伊織が聞いた。
「なんで、アンタはそんなに――」
 風は無い。雪も、もうすぐやみそうだ。雨は降りそうに無い。
 春香の涙を隠すものは、やがて何も無くなる。
 だから、春香は泣くのをやめた。
「もう、忘れなさいよ」
 伊織が、どちらの雪玉を頭にするかを思案しながら、うつむく春香をじっと見る。
 春香の雪玉のほうが大きくて、伊織の雪玉の方が、キレイな丸だった。
「私、雪って好きだなぁ」
 春香が、独り言のように呟く。
「春になればキレイさっぱり消えてしまうから。だから、好き」

 春香の手には、小さなティアラがあった。
 自分では二度とかぶれないかもしれないそのティアラを、春香は、出来たばかりの雪ダルマの頭に載せた。
 雪ダルマの笑顔。


   あんな笑顔で、また――。


 春香の祈りは、澄み切った空にのまれ、風に運ばれていった。


  kakimaster02_02.jpg

                                                            【END】




one_image_small.png
           『一枚絵で書いてみm@ster』第2回目  参加者:36名
 

テーマ : アイドルマスター
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

拝読致しました

SSだからこそできる、SSらしいSSでした。

 表現媒体をSSという形式にし、それをブログというウェブ形式で発表するにおいて、そのキャンバスの中で描くことができる表現方法。文字、色、イラスト、ウェブ、リンク。このSSはガルシアさんなりの解答とお見受けします。それだけ素晴らしい表現方法でした。

 まず冒頭の「受話器に開いた穴を覗けば、ヤツのヤニ臭いニヤついた顔が見えそうなヒドい声だった」という文章。まずこの文章にやられ、続く仕掛け。春香の雪に対する思い入れ、強調線、強調色、そして「雫」。この仕掛けと続きの文章。現在を生きるPの一人称と過去を語る三人称、そして手紙。様々な想いが行き交って、心にずしんと響く素晴らしい作品でした。
 そして「雫」。これが何を意味するのかについて、あえて言葉にしないでおこうと思います。言葉にすると何かがスポイルされてしまいそうな気がしますので。答えはあくまで読み手の心の中に。こういうスタンス、大好きです。だけど少しばかりの感想を。春香さんって嘘つきですよね。そんな春香さんが僕は大好きです。

 Pが現在どうなっているかについて、このSS中には明確には述べられておりませんが、「体、拭きますね」「腐りかけのパイナップル」「瞳を刺す光」「瞼の上が焼ける」「溶けたゴムのように不快な」、そして「春香からの手紙」。これらのキーワードからある程度の推測ができますね。答えはあくまで僕の心の中に納めておこうと思います。こういう表現手法、見習いたいです。

 ラストの文章は三人称で読むか、春香さん視点で読むか。直前のダッシュがある文章が誰視点だったのか。これで彼女達の祈りの将来が決まるような気がしてなりません。うーん、絶妙な文章。毎度ながらにうならされました。

 他にも色々と感想を述べたい部分がたくさんあるのですが、それはまた後日ということでww 読んで感想を書かずにはいられなかったんです…それだけ心にインパクトがありました。ストーリーも、表現手法も。

 素晴らしいSSをありがとうございました!

御礼。

普段の自分の作風が絵画的手法、
『一枚絵・2』の自身の1作目が彫刻的手法だとすると、
こちらは水墨画的手法、とでも申しましょうか。

いかに色を重ねるかではなく、いかに余白を残すか、という組み立てでした。
語らない事で語る。見せない事で見せる。伝えないからこそ、伝わる――。

その上で、色々と仕掛けを作りました。
動画を作ってみて思った事は、動画とSSの根本的な違いです。
その辺を踏まえて、SSの優位性みたいなもので遊んだ形です。

奇を衒うつもりはありませんが、どこか「面白い」と思って頂ければ、と。

読ませていただきました!

面白い仕掛けですね。情報を複数断片化させることで、万華鏡のような幻視を誘う感覚が見事でした。ともかくプロデューサーに何らかのハードラックがあったのでしょうね。凝った選択肢があるスタイルを次回も期待したくなる楽しい(?)SSでした。

御礼。

> 面白い仕掛けですね。

そう思って頂ければ幸いです。メタぎりぎりですけどね。
なんとなく、こう、色々な可能性とか遊びを模索したいお年頃です。

> 情報を複数断片化させることで、万華鏡のような幻視を誘う感覚が見事でした。

若干、ズルい手法かもしれません。
こちらが書かないことで、読者の方の想像次第、という部分を増量しています。
「かもしれない」「かもしれない」と思って頂いて、話の背景にしています。


> ともかくプロデューサーに何らかのハードラックがあったのでしょうね。

単純な打撲、骨折ではないようですね。
問題は「その事」を春香や伊織、あるいは小鳥さんや社長が知っているのかいないのか……。


> 凝った選択肢があるスタイルを次回も期待したくなる楽しい(?)SSでした。

はい。自分の首絞めてる感じがします。
変わった事がしたい、という訳ではないんですが……

表現技法

SSという概念にだけ縛られると、文字を並べて言葉遊びでどう場面を
表現しようかという事にばかり頭を悩ませてしまいますが、こういう
表現技法を見せ付けられて、SS書きとしてより むしろ動画製作者として
もっと柔軟に作品を表現できるじゃないかと目から鱗を落ちました

視覚に訴える表現技法 SSだからって文字の意味だけで勝負じゃなく
もっと色々な事に挑戦できるんだろうなぁと 絵とのコラボだけでなく
色々なものとの組み合わせでSSも無限の可能性がでてくる


今回のssでも 文字のかすれ具合をみだけで、その場面が浮かび
心境が手に取るようにわかる・・・ 

表現の大切さ まざまざとみせつけられました

御礼。

コメントありがとうございます。

> SSという概念にだけ縛られると

ここねー。悩む所なんですけどね。
木刀で剣術の研鑽をしている所に鎖鎌で飛び込んだ気もしないでもないのです。
軽く言えば変化球、重く言えば邪道なのかなぁ、という気がしないでもない。

> 視覚に訴える表現技法 SSだからって文字の意味だけで勝負じゃなく
> もっと色々な事に挑戦できるんだろうなぁと 絵とのコラボだけでなく
> 色々なものとの組み合わせでSSも無限の可能性がでてくる

SSの定義から論ずるつもりは無いですが、変わった事はやりたいものです。
メディアミックス、というほど大げさではないにせよ、楽しめる形は色々あると思うので。


> 今回のssでも 文字のかすれ具合をみだけで、その場面が浮かび
> 心境が手に取るようにわかる・・・ 

本当は、手紙の折り目を付けたり、封筒の外側からリンクさせたりしたかったのですが、
やり過ぎるときりが無いのであんな感じになりました。
テキストの乱れ、歪みも考えたんですが、難しいですね。
中の人がカワイイ字の書ける女性だったら、手書きしてたかもしれません。

……手書きSS? なんと新しい!!

いや、むしろ古いのか。

No title

拝読させていただきました。

冒頭の選択肢の時点で、第一回目の、あの作品をふと思いだして
選択肢を選ぼうとした時点で、既に作者の手の内に落ちたと感じました。

はじめて目にする型のボールに「あー、またやられたーw」と、思います。
(それが決して卑怯じゃない球なのが悔しくもあり絶妙な爽快感なのです)

web上にあるSSならではのスタイル、というんでしょうか。紙上の文章と
比べて、本当はもっと「ここ」でしか出来ないSSの形があるんじゃないかと
強烈に感じさせられるような作品でした。その衝撃に近い余韻も相まって、
作中におけるPと春香と伊織のやりとりが、一層強く印象に残りました。


いやー、まだまだ奥が深いジャンルですねw

御礼。

> 冒頭の選択肢の時点で、第一回目の、あの作品をふと思いだして
> 選択肢を選ぼうとした時点で、既に作者の手の内に落ちたと感じました。

ブラウザの設定次第では完全無効なんですが、遊んでみました。
「俺に『開かない』なんて選択肢はない」とか、メタ発言スレスレですけどね。

> はじめて目にする型のボールに「あー、またやられたーw」と、思います。
> (中略)
> 本当はもっと「ここ」でしか出来ないSSの形があるんじゃないかと
> 強烈に感じさせられるような作品でした。

作った本人が言うのもなんなんですが、まぁ「変化球」「邪道」の類です。
ただ、個人的にブログ始める前から、SSには背景画ないのか、とか、
SSにも挿絵的にノベ架空の立ち絵付けてもいいんじゃないか、とか思ってましたので、
それに近いことをやってみている感覚です。
「それ、SSか?」と聞かれたら、答に窮する私です。


> いやー、まだまだ奥が深いジャンルですねw

色々と試していければ、と思います。
もちろん、文字だけで勝負する作品も、必ず平行して作りつつ。

皆様からのコメントが、とても良い参考資料でございます。感謝。

No title

遅ればせながら、こちらにも感想を。

何といえば良いんでしょうか。「ハイパーリンクから始まる物語」?
「変化球」も基礎になる直球があればこその武器ですね。
「キレイさっぱり消えてしまう」雪を好きだと言う春香の言葉は、
消すことのできない想いの裏返しなのでしょうか。

御礼。

> 「変化球」も基礎になる直球があればこその武器ですね。

その褒められ方は、大変光栄です。
たまーに、「あれ、俺、こんなんで大丈夫かな」と思うので。

> 「キレイさっぱり消えてしまう」雪を好きだと言う春香の言葉は、
> 消すことのできない想いの裏返しなのでしょうか。

切ないですね。なんだか。
春香さんにも、幸せになって欲しいです。本当に。
プロデューサー! きちんと状況説明してやってよ……

No title

うわぁ・・・これは同じテーマでSS書いた自分からすると、
ここまで書けるものかと嫉妬の嵐です。
3枚目の手紙の仕掛けに唸り、
断片的な情報だけで構成されているのに
むしろそれを想像力の働く余地にされる仕掛けには
ただ唸るほかありませんでした。

少しでもSSを手に付けた人間からすると、
素晴らしいと同時にズドンと腹に響く一品でした。

御礼。

> うわぁ・・・これは同じテーマでSS書いた自分からすると、
> ここまで書けるものかと嫉妬の嵐です。

同業から嫉妬されるというのは、光栄なことですね。いぇい。

> 断片的な情報だけで構成されているのに
> むしろそれを想像力の働く余地にされる仕掛けには
> ただ唸るほかありませんでした。

思い付いちゃったら、しょうがないですよね。
一作目を投稿し終えた後に色々頭の中で二作目のタネを転がしていたら、
「『蒼い鳥』って、真EDの事を考えたら、千早よりも春香向きの曲なんじゃなかろうか」
という想いが脳裏をよぎって、直後に、文字の滲んだ手紙が浮かびました。

じゃぁ、それをどう読者に届けるか、という方法論ですね。
変化球、飛び道具、邪道。「かもね」と自覚しつつ、やっちゃいました。
手紙の折り目をいれたり、最後にもっと文字を崩したり、という案はありましたが、
視認性の問題等色々あって、この形に。

> 少しでもSSを手に付けた人間からすると、
> 素晴らしいと同時にズドンと腹に響く一品でした。

良かったです。そう言って頂けると、やった甲斐がありました。いぇい。

検索フォーム

プロフィール

ガルシアP

Author:ガルシアP
◎レッガー=●カブキ=カブトワリ

twitterでは “ gar_cia_P ”。

SS書いてましたが、
動画も始めて3年経過。
こちら、デビュー作です。


360版からアイマス界に参加。
ゲームもCDも中の人達も、
ニコマスもSSも、大好き。

Web-:http://garciap.web.fc2.com/
mail:underkoverloverz◆gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ドミノ・ピザ最高!
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
アクセスカウンター
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。