スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企画09 『一時間SS』  『肉食系男子』

gourmet_w_and_b_s.png


「そういえば、彼女は動物が好きだったね」
 高木順一朗が、器用にナイフとフォークを操りドミグラスハンバーグを切り分ける。
 粗い挽肉の断面から肉汁が溢れ、ドミグラスソースと混ざりながら鉄皿の上に広がった。
 フォークがライスを小さくすくい、そのまま鉄皿の上に接する。
 フォークに載ったライスは底の切れ間から肉汁とドミグラスソースを吸い上げ、茶色に染まった。
 高木順一朗は、その香ばしい味付きのライスを、一切れのハンバーグと共に口へ運んだ。
 ゆっくりと噛むと、じわり、肉の味が口中に広がった。
「ええ。なんか、色々飼ってるみたいです。ハムスターとか、犬とか、蛇とか」
 プロデューサーは少し手間取りながら、柔らかなテンダーロインステーキにナイフを通す。
 普段食べる焼き肉の延長のような「それなり」のステーキではない。本物のステーキだ。
 肉の繊維が鉄皿に対して直角に立つ、厚切りヒレ肉のステーキだ。
 ナイフが繊維を切るのではなく、繊維をほぐすように入っていく。
 一切れが、繊細な肉の束だ。その柔らかな肉の束が、オニオンソースを巻き取っていく。
 口に運ぶ。焦がし玉葱の甘味と香り。バルサミコソースの酸味。そして、肉の歯応えと旨味。


「そういえば彼女は、『氷の歌姫』とか呼ばれていたね」
 高木順一朗が、付け合せにフォークを突き立てる。
 マッシュドポテトはソースと肉汁をまとい、絶妙の味わいとなっていた。
 これが最高なのだよ――そう言いながら、子供のような笑顔でポテトを頬張った。
 噛むと柔らかくクリーミーなポテトが口の中で淡雪のようにほぐれてゆく。
 さらさらとした舌触り。そして時折舌に当たるポテトの塊を前歯で噛み割る。
 ソースの濃い塩気と、ポテトの柔らかな甘味が絶妙のバランスだった。
「ええ。それほど冷たい子じゃないんですが、見た目の印象もあるんでしょう。定着しちゃいました」
 プロデューサーはバターソテーされたニンジンをフォークで刺した。
 バターを纏ったニンジンはソースに付けても味が乗らない。
 だが、ステーキをカットした時にほぐれた細い繊維を一度ソースに絡め、それをニンジンの上に乗せた。
 これがマズい訳が無いですね――そう言いながら、目を閉じて口の中に放り込む。
 ニンジンの甘さとバターのコク。そして、肉の繊維が次々に旨味と歯触りを変えていく。
 喉の奥まで染み渡るカロテンの甘さと鼻から抜ける芳醇な香りが最高だった。


「『氷の歌姫』という名前を、彼女は嫌っているかね?」
 高木順一朗は、ベルギービールを喉に流した。
 ドゥ・ハルヴ・マーン醸造所の『ストラッフェ・ヘンドリック』だ。
 強い苦味。潤沢な香りと、しかしそれを支えて余りある9%強のアルコールの香りが鼻腔に残る。
 口の中に残っていた肉の脂を洗い流し、舌の味蕾を再び開かせる。
「嫌ってはいませんね。むしろ、それにプライドを持っているみたいですよ。それに相応しく在ろう、と」
 プロデューサーは、冷の日本酒で喉を潤していた。
 有名な新潟の銘酒『八海山』の中でも、特別純米原酒に分類される限定品だった。
 端麗辛口とされる新潟の銘酒の中でも、峻烈な香りを放つそれは、まさに雪解け水のキレだった。


「フェンリル――」
 高木順一朗は、柚子のシャーベットを一掬いして、呟いた。
 柚子皮の繊維と凍った果肉が、噛む度に酸味となって口中に広がった。
「北欧神話ですか?」
 プロデューサーは、クリームブリュレの表面のカラメルを割りながら聞き返す。
 卵の割合が多い橙色のクリームがスプーンの上で揺れた。口の中で、霧のような甘味に変わる。
「深い意味は無いのだよ。イメージと、口当たりの問題だ」
 高木順一朗はふふっ、と笑う。
「『フェンリル』ですか……」
 プロデューサーは、その文字と、2人のイメージを重ね合わせていた。
 1st アルバムは氷のイメージ。
 凛とした表情。強い、まっすぐな視線。
 白色、青色、浅葱色、銀色。
 声。どこまでも透き通る氷の声。千変万化する獣の王の咆哮。
「いけそうですね」
 プロデューサーは、いくつかのイメージを手帳に書き留め、頷いた。
「765プロも、随分と層が厚くなったものだ」
 高木順一朗は、それでも全ての少女達を、等しく慈しんでいた。



「まだ何か飲むわけ?」
 水瀬伊織は、2人の話を横目で見ながら溜息混じりに聞いた。
 事務所では話しにくいから、という理由で水瀬家の食堂を簡易会議室としたのだが、すっかり長引いていた。
 だが、それももう終わりだ。
 どうせアルコールが入っては、これ以上続くものも続くまい。
「うむ。そうだな、では――」
 高木順一朗は、今日、とても気分が良かった。
 新しく765プロの一員となった我那覇響と、如月千早のユニット名が決まった瞬間だった。

 2人の成功と光溢れる前途を祝して、乾杯――。





アイマス1時間SS 日時:3月26日(金)22時~開催    お題:「食卓」「氷」「動物」「プライド」

 

テーマ : アイドルマスター
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

御礼。

○拍手コメ返信。
そうですね。どちらが言った、という事はなくて、

伊織:「もう夕食の時間だけど、何か食べる?」
 P :「あ、じゃぁ肉がいいな!」
伊織:「肉って、もう少し具体的な指示は無いわけ?」
 P :「なんか、ドーン! って感じの肉あれば、それで!」
伊織:「……分かったわよ。適当に、ね」

とか、そんな感じです。で、いおりんがすっげー細かい指示をコックさんに。
作品読んで、「美味しそう」と思ってもらえたら、成功です。

なにこれうまそう

「旨いものを食ったことのないヤツが、旨いものを書けると思うか?」
そう言ったのは、かつての恩師でした。
ガルシアさんは美味しいものをご存知でいらっしゃる。なんと羨ましいw
確かに水瀬家に寄って集まるほうが、そこらのお店より良いものが食べられそうですね。

……ああ、食い物の話ばっかりしてますが。ごめんなさいw

御礼。

> 「旨いものを食ったことのないヤツが、旨いものを書けると思うか?」
> そう言ったのは、かつての恩師でした。

いい言葉ですね。確かに創作はその人の人生経験の縮図であると思います。
アウトプットの量と質は、やはりインプットの量と質に左右される事が多い訳で。

> ガルシアさんは美味しいものをご存知でいらっしゃる。なんと羨ましいw

お酒には滅法弱いですがね! 日本酒は無理です。カシスオレンジをください。
その内、ガルシアプロデュースでグルメオフ会やります。参加費1万円〜。

> 確かに水瀬家に寄って集まるほうが、そこらのお店より良いものが食べられそうですね。

鉄板でしょうね。
ゲストに中途半端な物を出すなど、水瀬の名が許さないに違いありません。

> ……ああ、食い物の話ばっかりしてますが。ごめんなさいw

OKです。その意図で書いた作品ですから。
今回は、うっかり読んでしまった人が、
「腹へるわ!」と叫ぶような作品を目指してみました。

食事代

って これ社長もちなのか ……伊織もちってことはないですよねw
……Pの給料から引かれたらP涙目なんだろうなぁとww

 実際自分がこういう高級な料理を食べたことないから
まぁ想像もできない味なんだろうなぁと思いつつ読んでいたら
口の中に 食べたこともないのに味が想像できるのってやはり
食べ物の表現のうまさって直接来るんだナァと・・・
食い物をおいしく表現できるってのは 表現のバロメーターのひとつ
だとやはり思いますねぇ


八海山……飲みたいです

No title

おつかれさまでした、読ませていただきました。
水瀬家の食事、マジ最高! って、コラッ社長&P!!w
それにしても料理の場面描写が…うならせられたのに喉が鳴っちゃいました、不思議><
良いユニットになりそうですね、「フェンリル」。
「フェンリル」の活躍するSS、マダー?(AA略
お腹の空く…じゃなくて、面白い作品をありがとうございました^^

No title

>その内、ガルシアプロデュースでグルメオフ会やります。参加費1万円〜。

2万までならマジで行きますw

御礼。

>> トリスケリオンP

> って これ社長もちなのか ……伊織もちってことはないですよねw

いつもお世話になってる事務所の方々に、伊織パパからの提供ですかね。
確か、伊織パパと高木社長は知り合いだったはずなので、その辺のなぁなぁで。

> 食い物をおいしく表現できるってのは 表現のバロメーターのひとつ
> だとやはり思いますねぇ

小説版『料理の鉄人』大好きなガルシアPです。
人間の根本欲求に絡む部分を上手く書き切ると、作品として厚みが出ますよね。
本当に眠いキャラがやっとの思いでベッドに潜り込んだ時の幸せ、
とか本気で書いてみるのも素敵かもしれません。

> 八海山……飲みたいです

東京でも良く見るようになりましたからねー。
新潟の銘酒は純米酒とか吟醸とかでかなり風味が変わるので、
同じ銘柄の中で飲み比べしてみるのが良いです。

御礼。

>> coroさん

> おつかれさまでした、読ませていただきました。

一時間SS、前回参加できなかったので、今回は楽しみにしておりました。

> それにしても料理の場面描写が…うならせられたのに喉が鳴っちゃいました、不思議><

今回は完全にそれを目指しました。
「美味そうだな」と思って頂ければ本望。

> 良いユニットになりそうですね、「フェンリル」。
> 「フェンリル」の活躍するSS、マダー?(AA略

完全に MASTER SPECIAL 03 ですけどねw
良いコンビだと思います。やっぱり。

フェンリルのSS化、ですと?
問題は、私が貴音・響をほとんど書いたことが無い、という所でしょうか。
2ndが出るまでに、きちんと765プロとして理解・把握しておかないとなぁ……。

検討。

>> 微熱体温さん

> 2万までならマジで行きますw

確か牡蠣はお好きでしたよね?
1万覚悟してもらえたら、美味しい生牡蠣食べに行けますよ。
白ワインと合わせて、幸せ満喫できます。
運が良ければ島根県産の岩牡蠣、『春香』が食べられます。
http://twitpic.com/17jqvu
http://twitpic.com/17jrbv

世界を飲み込む!!

フェンリルは「世界を飲み込む」狼ですから、千早&響には相応しいかも知れません!

しかしずうずうしいゲストですね、社長は。勝手知ったる他人の台所ですか。

ハンバーグはベルギーの隣のドイツ・ハンブルグ発祥料理ですから、ベルギービールとの相性も抜群でしょうね!
自分もヨダレの出る描写を心がけます!

No title

豪奢なレストランで社長とPが晩餐がてら、秘密のユニット編成会議……の構図が引いていくと脇で妙に冷めた目で頬杖ついてる伊織、という笑えるカット割が頭に浮かびましたw
食事の豪華さ加減も胃袋を刺激しながら一方で孤北の狼を冠するユニットの活躍ぶりも夢想でき、脳にも美味しいSSでした。ごちそうさまです。
なおこのユニット、仕事にかかれば素晴らしい完成度を見せるものの事前レッスンやリハーサルで歌方面に暴走する千早とタジタジの響の姿も出てくるのですが問題ありませんね?

御礼。

>> 月の輪Pさん

> フェンリルは「世界を飲み込む」狼ですから、千早&響には相応しいかも知れません!

世界を目指す、というのは成功を掴む千早の規定路線ですし、
響は国境なんて意識せず、どこまでも全力で突き進む事でしょう。

> しかしずうずうしいゲストですね、社長は。勝手知ったる他人の台所ですか。

いえいえ。むしろ水瀬家がゲストを無視できないのです。
正しい貴族的振る舞いです。

> ハンバーグはベルギーの隣のドイツ・ハンブルグ発祥料理ですから、
> ベルギービールとの相性も抜群でしょうね!

地の食べ物は地の飲み物と組み合わせるのが良いですね。

> 自分もヨダレの出る描写を心がけます!

『ぐるm@s!』の基本姿勢でございます!

御礼。

>> レシさん

> 豪奢なレストランで社長とPが晩餐がてら、秘密のユニット編成会
> ……の構図が引いていくと脇で妙に冷めた目で頬杖ついてる伊織、
> という笑えるカット割が頭に浮かびましたw

珍しくラストいおりんです。
それこそ最初はどこかのレストランにしようかと思ったのですが、
シークレットな内容過ぎるので普通、外部じゃしないよなぁ……という思考プロセスの結果です。
あと、さすがにアイマスSSで、社長とPが飯食ってるだけってのもなぁ、
という理由で伊織が登場した、という背景もあります。空気読んだよ!

> 食事の豪華さ加減も胃袋を刺激しながら一方で孤北の狼を冠するユニットの活躍ぶりも
> 夢想でき、脳にも美味しいSSでした。ごちそうさまです。

お粗末さまです。
あまり響や貴音を作中に出せないのでせめて名前だけでも、と。
今作については、とにかく美味しそう、と思えそうな描写を詰め込んでみました。
一時間で書ける内容としては、がんばったな、と。自己満足度高めです。

> なおこのユニット、仕事にかかれば素晴らしい完成度を見せるものの
> 事前レッスンやリハーサルで歌方面に暴走する千早と
> タジタジの響の姿も出てくるのですが問題ありませんね?

一向に構わん。
不思議なもので、響と絡むと千早がボケ&暴走になるんですよね。
MSの影響が大きいのかな。でも、いい組み合わせだと思います。色合いも良いし。
『フェンリル』の活躍に、乞うご期待!

検索フォーム

プロフィール

ガルシアP

Author:ガルシアP
◎レッガー=●カブキ=カブトワリ

twitterでは “ gar_cia_P ”。

SS書いてましたが、
動画も始めて3年経過。
こちら、デビュー作です。


360版からアイマス界に参加。
ゲームもCDも中の人達も、
ニコマスもSSも、大好き。

Web-:http://garciap.web.fc2.com/
mail:underkoverloverz◆gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ドミノ・ピザ最高!
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
アクセスカウンター
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。