企画10 『一時間SS/0402』  『春千覇 血風録』

 
 慶長十七年四月十三日、豊前小倉藩領の小さな島にて、女は決闘の相手を待っていた。
 女の名は如月千早――。
 齢十五にして自流を打ち立て、その剣の流派を巌流と号す。
 曇天の下、波の音を聞きながら、千早は海の彼方を見遣る。

千早:「遅い……」

 千早は、命知らずの女を、待っていた。

 如月千早の名声は天下に轟き、教えを請おうとする者、打ち倒して名を上げんとする者数知れず。
 そしてその月も、小倉城主 秋月律子の客人として小倉に留まる中、ある女から立会いを所望された。
 京の剣家、吉岡一門を悉く打ち倒し、その名を正に邪に広めた剣客――天海春香である。


律子:「千早殿、そなたが負けるとは微塵も思わぬ。無論、勝てるな?」
千早:「御懸念召されるな、秋月殿。我が『備前長船長光』の前に敵は無し」

 刃長三尺三寸(約1m)の野太刀は“物干し竿”とも呼ばれる千早の愛刀――。
 余人には振る事すら叶わぬその長大な太刀は、まさに千早の為の刃である。
 気の遠くなるような日々の修練を越え、千早はその太刀を自らの四肢が如く扱える。
 どんな剣の達人とて、その切っ先をかわして千早の懐に飛び込む事などできぬのだ。

千早:「ご家名に泥を塗る真似は致しませぬ。ゆるりとお見届けくださいませ」
律子:「楽しみだ。当家客人が、閣下、覇王、と称される悪逆非道の徒を討つとなれば」

 秋月律子は、陣幕の裏に目を凝らす。
 揺れる影が、三つ、四つ。届く薫りは硝石と黒色火薬。
 負けるとは微塵も思わぬが、万に一つも考えねばならぬ――秋月律子は一人呟く。



 天海春香は小刀を抜き、舟の櫂を削り出す。
 彼の妖刀、物干し竿の長さたるや、常の技、常の刀では太刀打ちできぬ。
 なればこそ――。
 相手の太刀に比肩する長さの武器が必要なのだ。
 長さ四尺八寸の舟の櫂。その先の幅広い水掻きを、太さ一寸の握りの太さに近づける。
 重い。
 削れど、削れど、まだ重い。
 水を吸った樫の木は、粘るように刃を巻き込む。
 これで良い――。
 如月千早の魔剣“蒼鳥返し(つばめがえし)”は神速の二連撃なのだ。
 こちらの二の太刀は間に合わぬ。
 勝負は、ただ一撃。
 大上段に振り上げて、その重さを勢いに変え、振り下ろす。
 相手より長く、重い武器。如月千早はそれを知らぬ。
 百余名の剣士と野試合をした事も無い。
 鎖鎌を敵に回した事も無い。
 そんな相手に、負ける訳が無いのだ。負ける訳には行かぬのだ。

 天海春香は長大な木刀を右手に持ち、砂を踏み、小舟に乗った。
 目指すは沖の島。波間に見える決闘の地だ――。
 




千早:「遅い。臆したか……」

 千早が小さく呟く。

律子:「天海春香め。察したか?」

 律子が深く息を吐く。





春香:「ちょっと、船頭さん! どこですか!? ここ!!?」

 春香が慌てて叫ぶ。



あずさ:「あらあら、どこかしらー?」

 あずさが、周囲を見回す。




 慶長十七年四月十三日、如月千早と天海春香の決闘、ここに決裂。






アイマス1時間SS 日時:4月2日(金)22時~開催    お題:「一撃」「決裂」「遅刻」「曇天」

テーマ : アイドルマスター
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お疲れ様でした、読ませていただきました!
春香さんの敗因は船頭さんの選択をまちがえたことですよ?σのヮの
実際決闘を行った場合はどちらが勝利してたんでしょうか、そんなことを考えてしまいますw
春香の思い描いたものになるのか、千早のペースで進むのか、はたまた律子のひとり勝ちとなってしまうのか…前夜に春香と千早が会ってたりして何かあったりするのも色々あって面白そう、と勝手に妄想にふけったところでここで失礼を。
素晴らしい作品とご参加、ありがとうございました^^

御礼。

>> coroさん

当初は決闘シーンを描く案もありましたが、色々と調べ物に時間がかかり、
結果的に、こちらの結末が採用されました。
これだけ分かりやすい『オチ』は、自分の作品の中で初めてかもしれません。

今回はオンラインになるのが遅かったので、
お題確認からブログUPまでがちょうど1時間くらいでした。
とても緊張感のあるタイムリミット・ミッション、楽しかったです。
企画主のcoroさんも、お疲れ様です。

御礼。

なんですか。最近は拍手コメ流行りですか?
嬉しいのでこっちでも返信しますね。

[微熱体温さん]

> もうシチュエーションだけでおかしいのに、オチ最高w

とりあえず最初の一行で掴みはOK、みたいな。
配役は色々考えたのですが、如月小次郎と天海武蔵で。

> 何と言う時代劇コメディ。さすがです。

感覚的には、年末特番のワンコーナーで、765プロ総出演ドラマ! みたいな?
他のメンバーは白雪姫とかピノキオとかやってると思います。

[匿名さん]

> あずささんパネェwww

ですよねー。完全にオチ要員で申し訳ないす。
……いいや! 違うよ。
あずささんは身を挺して、2人の決闘を防いでくれたんだ!
ありがとう、あずささん。あなたのおかげで、悲劇が回避されました!

拝読致しました

勝負は戦う前に決まっている。戦術しかり、心持しかり。
ですが、この勝負の決まり方は想定外でした。あずささあああああん!!
緊迫した千早さんと春香さんの思惑にドキドキしながら読み進めていたら、
まさかまさかの展開、舟は無事日本に到着するのでしょうか・・・
千早さんには何と言いますか、物干し竿がとても似合いますよね。
読みながら千早さんの戦う姿が想像できました。きっと美しい立ち回りなんでしょうね。
素晴らしいSSをありがとうございました!

No title

律子が息を吐いたところまでは100%シリアスバトルだと思っていたのに、
あずささん一つで、オチの「決裂」の形に凄く納得できてしまうのが悔しい…w

SSの理想というか、まさしくショート・ショートといった展開でしたね。
前半が重たい雰囲気だっただけに、春香とあずささんのコケっぷりが素敵でしたw
面白かったです!

御礼。

>> 小六さん

> 勝負は戦う前に決まっている。戦術しかり、心持しかり。
> ですが、この勝負の決まり方は想定外でした。あずささあああああん!!

そもそもこの船頭さんが船頭として商売できているのかどうかが疑問です。
普段は別の方がやっていて、今日は急遽代理で、とか?

> 緊迫した千早さんと春香さんの思惑にドキドキしながら読み進めていたら、
> まさかまさかの展開、舟は無事日本に到着するのでしょうか・・・

危ない所です。
既に360度、陸地が見えていない可能性もあります。逆に大ピンチ!

> 千早さんには何と言いますか、物干し竿がとても似合いますよね。
> 読みながら千早さんの戦う姿が想像できました。きっと美しい立ち回りなんでしょうね。

静と動、長髪ストレートは和風の立ち居振る舞いが良く似合います。
きっと和服も似合うでしょうし、あと、佐々木小次郎って青+白っぽいですよね。
武蔵は赤+黒っぽいイメージです。いかがでしょう。

> 素晴らしいSSをありがとうございました!

そう言って頂けて一安心です。まーた変化球の投げっ放しなもので。ええ。
読者の方にコメント頂けるたびに、「ああ、許してもらえた」と安堵しております。

御礼。

>> 寓話Pさん


> 律子が息を吐いたところまでは100%シリアスバトルだと思っていたのに、
> あずささん一つで、オチの「決裂」の形に凄く納得できてしまうのが悔しい…w

どうしてもお題を全て見た上で、出来れば全部内包したお話を書きたいなぁ、
と思ってしまう性格です。義務感ではなく、ゆるいチャレンジとして。

今回は4つのお題を見て、パッと浮かんだのがいわゆる『巌流島の決闘』でした。
シリアスで押し切るか、ギャグにするかは結構悩みまして。
で、シーンをイメージしていくと、最後、武蔵の舟には漕ぎ手の船頭さんがいる。
さて、これは誰にしようか――ハッ!?

> SSの理想というか、まさしくショート・ショートといった展開でしたね。

あー。星新一さんが大好きです。到底真似できませんがw

> 前半が重たい雰囲気だっただけに、春香とあずささんのコケっぷりが素敵でしたw
> 面白かったです!

ありがとうございます。
その後の千早と律子の撤収シーンもぜひ想像して、笑ってください。
今後も色々楽しんでいただける作品を書きたいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

検索フォーム

プロフィール

ガルシアP

Author:ガルシアP
◎レッガー=●カブキ=カブトワリ

twitterでは “ gar_cia_P ”。

SS書いてましたが、
動画も始めて3年経過。
こちら、デビュー作です。


360版からアイマス界に参加。
ゲームもCDも中の人達も、
ニコマスもSSも、大好き。

Web-:http://garciap.web.fc2.com/
mail:underkoverloverz◆gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ドミノ・ピザ最高!
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
アクセスカウンター
最新トラックバック