スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SS 『Gem Stones』 パール

 
 小さな液晶画面に映った水瀬伊織は、とても可愛らしく、清純で、可憐に見えた。
 カシャッ――、カシャッ――。
 律儀にシャッターの音に似せた合成音が響く。
 3枚目――、4枚目――。
 伊織は机に両肘を突き、両手で頬を包むようにしながら、上目遣いでレンズを覗く。
 小さく尖らせた唇には、しっかりとピンクのラインが引いてある。
「伊織ちゃん……カワイイ」
 思わず口をついて出たその声を合図に、伊織はアイドルらしい表情を崩す。
「当たり前でしょう。モデルが最高なら、誰が撮っても良い写真になるのよ」
 伊織は、カメラのレンズ越しに撮影者、萩原雪歩に世界の真理を告げる。
「うん。すごく素敵な写真だよ」
 雪歩は、液晶の中の伊織の笑顔を見詰めていた。
 今にも泣き出しそうな笑顔で、見詰めていた。


 
 
 gemstones3.png





 4月のある日。午前10時。765プロダクションの小会議室。
 雪歩と伊織は学校の制服姿のまま、カメラマンとモデルに分かれていた。
 ――次の撮影の為に、かわいく見えるポーズを教えて欲しい。
 それがただの口実である事くらい、伊織には分かっていた。
 仮に誰かに指示をされたのだとしても、伊織と同じようなポーズをとる事自体が、雪歩にとっては苦痛なはずだ。
 ――伊織ちゃんだからかわいく見えるんだよぉ。
 普段の雪歩なら、そう言って嫌がるはずだ。だから、今日の雪歩はどこかおかしい。
 自分と他人の間に明確な線を引くのが、雪歩の性分だ。
 自分は、他人とは違う。
 それは、ダメな自分を許す唯一の方法であり、弱い自分を守る唯一の手段――。
「あー、もう。バカバカしい」
 雪歩には聞こえないように小声で言った。
 その程度の分別はあったし、けれど、何も言わずにはいられなかった。
「雪歩、交代よ。今度は私が撮ってあげる」
 カメラを構える水瀬伊織。
 モデル、萩原雪歩。
 最初の指示。
「とりあえず、上着脱いでちょうだい」


      ◇        ◇        ◇        ◇        ◇


「伊織ちゃん、ヒドいよぉ……」
 撮影会を終えた雪歩は椅子に座ったままグッタリと机に伏せ、組んだ両腕の中に顔をうずめていた。
「ボタンの1つや2つで文句言わないでよね。別にブラが写った訳じゃないんだし」
「私、かわいく見えるポーズって言ったんだよ!?」
 ほんの少しだけ顔を上げ、訴えるような視線を送る雪歩。
「椅子に足掛けたポーズなんて顔が真っ赤になってて可愛かったわよ」
「それは意味がちがうよぉー!」
 ふえーん、と、まるでマンガのように泣く雪歩を見て、伊織が大きくため息をついた。
 萩原雪歩は、良く言えば繊細だ。悪く言えば臆病で、度胸が無く、根性が無く、勇気が無い。
 その立ち居振る舞いは、見る者の心を大きく揺らす。
 守ってやりたいと思うか、いじめてやりたいと思うかのどちらかだ。
 水瀬伊織はかろうじて前者だったが、そろそろ分水嶺を越えようとしている。
「で、結局何がしたい訳? いい加減切り出さないなら私も戻るけど?」
 撮影に見せかけて、雪歩のデジカメのメモリーは確認している。
 悪いとは思うが、それ以上に大事な問題を解決する為だから、許されるはずだ。
 その、撮影済みの写真の数々が、バラバラだった情報を一本の線で結んでいた。
 伊織は、あの、えっと、と言葉に迷う雪歩にデジカメを返す。
「『歌を上手く歌うには、姿勢も大事なんだよね』」
 伊織は、雪歩の話し方と声を真似して言った。
「そう言われたって、千早は喜んでたわよ。だから、自分が歌う姿の写真を撮らせたって」
 そんな話を聞いたのは、3日ほど前の事だった。
 そして、同じような話を、真からも、美希からも聞いた。真はダンス。美希はポーズ。
「真と、美希と、後は誰の写真を撮ったの? 私の後は、誰を撮るつもり?」
 伊織には、責める気も問い詰める気もない。答を知りたい訳でもない。ただの確認作業。
「最後に小鳥か社長に頼んで、全員の集合写真でも撮るつもり?」
 ただ、雪歩の表情は硬くなり、視線は足元に落ちていた。
「まるで、卒業式直前の女子中学生みたいじゃない。一体、何の思い出作り?」
 雪歩は、ただまっすぐ伊織を見詰めていた。
 今にも泣き出しそうな笑顔で、見詰めていた。

「私は、みんなとは違うから……」
 ステージの失敗とその後の収録でのミスが重なった、というありがちな話。
 問題なのは、その後のプロデューサーの慰めも、大きく的を外していた点だ。
 ――大丈夫、雪歩だってすぐ、みんなみたいになれるさ!
 伊織は、軽いめまいを感じた。
「あのバカプロデューサー、何にも分かっちゃいないんだから」
「え、伊織ちゃん……?」
「雪歩!」
「はいっ!?」
 伊織はビシッと音が出そうな勢いで雪歩の鼻先に指を突き付ける。
 椅子に座ったままの雪歩を見下ろしながら、射抜くような視線を向ける。
「アンタが私みたいになれると思う?」
「む、無理……だよね?」
「当たり前でしょ!」
「春香が千早みたいなシンガーになれると思う? 千早や真があずさみたいなグラマーになれると思う?」
「可能性、ゼロじゃないと思うけど――」
「ゼロよ。無理。不可能。ありえないわ」
 伊織はバッサリと斬って捨て、雪歩は、会議室が本当に2人きりかどうか確かめる。
「『誰か』みたいになってどうすんのよ。そんな二番煎じ、ファンが喜ぶと思う!? 自分に満足できる?」
 伊織は矢継ぎ早に言葉を紡ぐ。
「ナンバーワンよりオンリーワンなんてふぬけた考え方、私は絶ッ対に認めないわよ」
 腕を組み、視線を外さずに、伊織は雪歩に、逃げる事を許さなかった。
「自分は他人と違うなんて当たり前なのよ。それを理由にナンバーワンを目指さないのは、ただの逃げよ」
 雪歩は、黙ってうつむいていた。
 けれどそれは、嵐をやり過ごす為の自己防衛ではなく、伊織の言葉を噛み締め、理解する為の時間だ。
 伊織はその雪歩が視線を上げるのを待って、視線を合わせてゆっくりと伝える。
「こんな事言うの、1回だけだからね」
 雪歩は、小さく頷く。
「アンタは真珠よ」
「真珠……?」
 雪歩の目に、少しだけ力が戻っていた。
 伊織は椅子を1つ引っ張り出すと、雪歩の前に座り、足を組む。
「宝石は原石から生まれるわ。岩の中から切り出され、削られ、磨かれ、宝石になるの」
 ダイヤモンド、ルビー、サファイア、エメラルド、ガーネット、アメジスト――伊織は指折り数え上げる。
「でも、例外もあるわ。それが、パール」
 パール、真珠、と雪歩は呟いた。小さな、けれどしっかりした声だった。
「雪歩は宝石の原石と自分を見比べて、自分はちっぽけだと思うかもしれない。でも雪歩はまだ核なのよ」
「核?」
「他の石が磨かれて輝きを増していくんだとしたら、アンタはゆっくり時間をかけて、光をまとうの」
 伊織の声はどこまでも澄んでいて、表情はいつになく優しい。
「他の石は、輝きを増す為に小さくなるけど、真珠は輝きを増す為に大きくなるのよ」
 雪歩はその声を、自分の胸に刻んでいく。
「不安な時は、貝の殻に篭ったって構わない。だったら、その中でも輝きを集め続けなさい」
 とても大事な言葉に思えた。自分に届けられた、とても大切な想いだと感じた。
「真珠、私、結構好きだなぁ」
「雪歩にピッタリよ。真珠は、他の全ての宝石に勝る点があるって事、知ってる?」
 首を横に振る雪歩に向かって、伊織はニッと笑って見せた。
「真珠だけが、冠婚葬祭、いつだって身に付ける事を許されるのよ」
 ああ、と息をつく雪歩の表情に、伊織は、伝わった事を確信していた。
 誰にも勝る、飛び抜けた魅力は見えにくいかもしれないけれど。
 今はまだ、人と比べて落ち込む事があるかもしれないけれど。
 でもきっと、今に雪歩は、どんな年齢の男女にも愛されるアイドルになる。
 どんな番組にでも、どんなCMでも活躍できて、どんな歌でも歌えるアイドルになる。
 伊織は、椅子から立ち上がると、少し頬を赤くした雪歩の肩に、手を置いた。
「アンタの貝殻は、ここなんだからね。立派な真珠になるまでは、ここから出るんじゃないわよ!」
 そのまま、伊織は会議室を出る。
 その背中に、雪歩の声が届いた。
「……うん。伊織ちゃん、ありがとう」

 雪歩が会議室から出たのは、その15分後。
 彼女が最初に踏み出した1歩は、プロデューサーに電話を掛ける事だった。 



                                                      【END】



第1話 『ルビーとサファイア』
第2話 『エメラルド』

テーマ : アイドルマスター
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

客観視と言う視点のベクトル

この一連のシリーズに共通して言えることは、伊織の驚異的な客観視点が
極めて冷静に、かつしっかりと伊織の感情を乗せて、綺麗に描かれている点の美しさ。

「情が移る」と言うように、誰かのことを真剣に考え、その対象の身になって考えることで
ある種の冷静さを失う、すなわち「客観視」と言う視線のベクトルを失う人間の多い中で、
このシリーズの伊織は極めて客観的にアイドルを見ていながら、それが他人行儀だけで
終わらない、きちんとした「情」を持っている。常人には、難しいことだ。
今一度、身近な人間を「客観視」してみよう。そう思わせる「振り」が、この作品には
詰まっているように思う。

……なんつって。いつかエレガントに自信いっぱいに輝く雪歩の見られる日も近いね!

御礼。

> 微熱体温さん

コメントありがとうございます。嬉しいです。

実は今回、プロット段階で本気で悩んだことがありました。
それは、『宝石語り』を伊織にするか、小鳥さんにするか、で。
雪歩を元気付ける、765プロを貝に例える、という2点と、
“真珠”というメジャー所という理由が重なって、小鳥さんもアリかな、と。
両方のパターンで考えたのですが、試行錯誤の末、こうなりました。

> このシリーズの伊織は極めて客観的にアイドルを見ていながら、
> それが他人行儀だけで 終わらない、きちんとした「情」を持っている。

おー。それこそ、この連作が、まさに目指すところです。
伊織の高圧的カウンセリング、上から目線ヘルスケア、みたいな。
というか何でそんな評論家風の言い回しなんですか?w

> いつかエレガントに自信いっぱいに輝く雪歩の見られる日も近いね!

きっと、素敵な女性になると思います。なんだかんだで強い娘ですから!
個人的には、CM女王から映画女優になって欲しいです。雪歩さん。

待望。

>> 匿名希望さまとは違う匿名希望。様

なんか悩ませてしまって申し訳ないですー。
微熱さんの評論家口調はきっとわざとやってる遊び心なので、
そんなに深刻に考えなくてもいいんじゃないかな。うん。

「伊織のアメとムチ、マジ最高! 優しいのに厳しい!」
「マジでー? そういうの書きたかったんよ!」

って会話です。ええ、だいたいあってるはず。

コメントなんて、思うことつらつら書いてもらうのが一番ですよ。

うーむ

最後に「なんつって!」っつって全てご破算にしたつもりだったのですが(汗
批評家っぽい文章のほうが、気負わず書けると言う偏屈な人間なので、
「ここが良い、素敵!」と言う表現をみっちり書こうとすると、あの文体しか
思い付かなかったんです、はい。

もし小生の批評家口調に辟易された方が居られたのであれば、申し訳ございません。

共感。

>> 微熱体温さん

「匿名の拍手コメですら拾い上げてコメント返す男、スパイ(ry」

まいどですー。
コメントって難しいですよね。
企画参加のSSなんかは特に、色々と巡ってコメント書こうとすると、
全部同じようなコメントになりそうな事があります。
夜桜とか。
こういう時って、コメントの内容や口調でどう切り口を変えるか、
って所を変えるとコメント書きやすくなったりもします。

……そうね。微熱さんには元のコメント見えてないから、
誤解を与えてしまいました。申し訳ない。
辟易とかってネガティブな内容じゃないですよー。

はい、今後は匿名コメ、匿名拍手コメはそっとしておくことにします。

検索フォーム

プロフィール

ガルシアP

Author:ガルシアP
◎レッガー=●カブキ=カブトワリ

twitterでは “ gar_cia_P ”。

SS書いてましたが、
動画も始めて3年経過。
こちら、デビュー作です。


360版からアイマス界に参加。
ゲームもCDも中の人達も、
ニコマスもSSも、大好き。

Web-:http://garciap.web.fc2.com/
mail:underkoverloverz◆gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ドミノ・ピザ最高!
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
アクセスカウンター
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。