スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

砂上の楼閣。

 
「公式超えた」「バンナム不要」なんて、軽々しく言っちゃいけない。


 

ゲームという双方向の情報伝達が必要なリアルタイム処理の中で、
限られた記録媒体の容量と描画能力、データ処理の能力の中で、
何を必要とし、何を捨てるかで、必死に議論して、着地点を見つけてる開発陣がいる。
その一方で、開発陣が泣く泣く諦めた箇所をファンが埋めたという話。


アイマスチームとバンナムをひとまとめにするのも良くない、と思う。


DS用ソフトのゲーム中の画面と比較して、バンナム超えたは筋が違う。
ゲームではなく、動画であるMMDの内容だけをみてバンナム超えた、という為には、
『ソウルキャリバー4』や『鉄拳6』のムービーを超えなきゃいけない。
でなきゃ、「アイマスDSのステージ表現を超えた」ってだけの話。


盛り上がりに水を差すつもりはない。
MMDにすごい労力をかけて、愛情を注いでるのも、分かってるつもり。
何かを、誰かを、disるつもりはない。これっぽっちも。

なにより、MMDなんかででモデルやモーションを作ってる人達自身が、
「バンナム超えたぜ」なんて思ってないはず――だと、思ってる。
公式の動きがモーションがどれだけすごいか、モデルがどれだけすごいか、触れば分かる。
等速度じゃない、初速、加速、終速。それを三次元的に動かしながら構成する大変さ。



バンナムの中のアイマスチームの人達は、頑張って、ニコマスを守ってる。
バンダイナムコゲームスの事業推進本部・法務部は、決して、著作権侵害に寛容じゃない。

それでもアイマスチームは、「他タイトルに比べて広告予算が限られているから」、
「大切なプロモーションの一環だから」という理由で独自の基準とガイドラインを作り、
法務部と交渉しながら、なんとかニコマスを許容してもらってる。
法務部も、アイマスが今までに無いビジネスモデルだからと特例的に見逃してる。

でも、バンダイナムコゲームスにはそれほどの余裕が無くなってきた。
アイマスチームの特例措置も、どんどん効かなくなってきてる。


一部の人が、たまに言うように、ニコマスは綱渡りで、
アイマスチームの人達だって、ギリギリの所で耐えてくれてる。
今はなんとか、「こっちの味方」をしてくれてる。
ニコマスで次々生まれる作品を「すごいなー」って関心しながら見てくれてる。



でも、「公式超えた」なんてコメントを喜んでくれるだろうか。
データ容量気にせず、時間と利益と生産性を無視して、双方向性を無視した一方通行のムービーとして、
PCフル活用した公式のモデルとモーションに、本当に勝てる訳がない。

コメントをした人達は、「お約束だろ」「褒め言葉のひとつじゃないか」と言うだろうけど、
言ってる本人がどんな気持ちで言ってるかなんて、誰にも分からない。
ましてや、そのコメントを見た人が何を感じるかなんて分からない。

普段のアイマスやニコマスを知らない人がたまたまその動画を見て、
「アイマスはこれ以下なのか」「公式はこれ以下なのか」と思わないとも限らない。
それが、広告として、プロモーションとしてプラスになると誰が言えるだろう。


客観的にそう感じられた瞬間、アイマスチームの誰が何を言ったって、
法務部はニコマスを許さなくなる可能性がある。
アイマスチームでも庇いきれなくなる可能性がある。


そうなった時、誰が幸せになるんだろう。


ニコマス作るのにアイマスは要らない、とかいう意見とは別次元の話。


別のジャンルで似たような作品を作るだろう、って? そうかもしれない。
別のジャンルで似たような作品を見れば同じだ、って? そうかもしれない。


でも、良くコメントであるじゃない?
「これ、アイマスである必要ないよなw」って。

でもそこ、大事だよ。
アイマスである必要のないものを、なぜアイマスで作ったんだと思う?
アイマスのキャラに演じさせたい、ってのが創作の最初の動機だからじゃない?
そんな必要ないのに、わざわざアイマスキャラでやるくらい、アイマスが好きなんじゃない?

オリジナルキャラで、オリジナル楽曲で、オリジナルのモデルとモーションで、
ニコマスみたいな事をやっていれば同じくらい幸せなの?

そんな事ないでしょ。


律子だから。千早だから。春香だから、美希だから。
あずさだから、雪歩だから、真だから。
やよいだから、伊織だから、亜実だから、真美だから。
貴音だから、響だから、小鳥だから、高木社長だから。
愛だから、絵理だから、涼だから、夢子だから。

だから、好きで、だから、面白いんじゃない?




だから、「公式超えた」「バンナム不要」なんて、軽々しく言っちゃいけないと思う。




衝動的に文章書いてますね。
だから、ゴチャゴチャしてるけど、その分、この上なく本音です。
何かと戦う気はないですし、気分を害する人がいたらすいません。

ソース? 俺の脳内です。
あったって、書けるわけないじゃないですか。ここに。
 

テーマ : アイドルマスター
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

”あの人”ははっきりと「アイマス要らない」って言っちゃってるよね。もう何とかして潰せないもんか

来来。

コメントありがとうございます。
“あの人”が誰なのかちょっと自信が持てないのですが、
「アイマス不要論」みたいな物って、いくつかのスタンスがあると思います。

で、その人自身がそう思ってるのか、
そういう意見があるってのを引用しているのか.
本当の意味で不要と思っているのか、
素材として無くてもいい、と言っているのか。

まぁ、どう転がしてもファンから見たら気持ちのいい理論展開ではないですし、
制作陣がどういう思いでいるかという事は慮っても良いと思うんですよね。

どこかの誰かがブログ記事に書いた、書かなかったよりも、
動画にそういうコメントしてる人達の存在自体がリスキーですね。

本当に大変なんですよー。
法務部は企業全体、あるいはブランドを守るためのリスク回避だけを考えますから。
「公式超えたw」とか言われたら、ニコニコ動画はプロモーションにならない、
ブランド価値を落とす可能性がある、って判断しちゃうんですから。
そうしたら、アイマスチーム単体では止めようが無いんです。

何かチャンスは無いか、と探してる所へ餌投げ込むのは危ないんですって……。

No title

不要ではない、絶対にだ。

賛成。

> 不要ではない、絶対にだ。

ですよね。
どういう意味でも、どういうタイミングでも、大切にしたいです。

御三家、なんて言われていますけれど、
『東方』は元々が個人制作の同人作品ですし、製作者の考えと判断で、
二次創作の為のガイドラインなんかも整備されています。
『ボーカロイド』は作品ではなくツールなので、曲を作ってもらってなんぼですから、
製作サイドがそれを止めるはず、むしろ土壌を整備して盛り上げてます。

それに対して『アイマス』は、企業体が自社作品として作ったゲームですから、
拡大解釈で著作権侵害が認められ得るような「御墨付き」は絶対に出せません。
だから『ニコマス』は、どう頑張っても「黙認」であり、「グレー」なままです。
でも、アイマスチームの皆さんも、『ニコマス』を見てくれています。

『東方』に比べたら、とか、今じゃ『ボカロ』の方が、とかいう意見もありますが、
そもそもの成り立ちと、版権元のステータスがまるで違うのですから、
『ニコマス』がこうして存在出来ている事自体を、本当に「すごい」と思いたいです。

検索フォーム

プロフィール

ガルシアP

Author:ガルシアP
◎レッガー=●カブキ=カブトワリ

twitterでは “ gar_cia_P ”。

SS書いてましたが、
動画も始めて3年経過。
こちら、デビュー作です。


360版からアイマス界に参加。
ゲームもCDも中の人達も、
ニコマスもSSも、大好き。

Web-:http://garciap.web.fc2.com/
mail:underkoverloverz◆gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ドミノ・ピザ最高!
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
アクセスカウンター
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。