スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『企画』14 「一枚絵で書いてみm@ster・4」参加作品 『青空の監獄』

one_image_small.png
『一枚絵で書いてみm@ster』第4回  参加者:34名

kakimaster04s.jpg
絵師:タカシP





高槻やよいは、今日も食べ物を届けた。
乾いた麦のパンと、蜜の入った山羊の乳。

如月千早は、今日も歌を歌った。
蒼い鳥と、思い出をありがとう。



kangoku.png




男は言った。
私の為に歌を歌えと。
対岸の館まで届くように、声を出せと。

少女は従った。
貴方の為に歌いますと。
貴方の部屋まで届くように、歌いますと。


 
如月千早は歌が上手かった。
その名は山を越えて知れ渡った。
遠くの町から人が来て、歌を聞かせて下さいと頼み込む。
千早は少し照れたような顔をして、わかりましたと歌を歌う。

あなたの歌に救われましたと、人は言う。
千早は少し照れたような顔をして、いつでもどうぞと笑顔を返す。
そんな千早の隣には、小さな弟の姿があった。
お姉ちゃん、お姉ちゃんと千早を慕う、小さな可愛い弟だった。

千早は、笑顔の似合う少女だった。
けれど、ある日を境に、千早の顔から笑顔が消えた。


弟が倒れる。
医者の見立ては、木化病だった。

咳が出る。熱が出る。汗が出る。
汗が引くと、そこに斑が出る。
緑色の斑が、やがて体中を覆う。
声が出なくなる。
目が見えなくなる。
耳が聴こえなくなる。
やがて眠り、目が覚めなくなる。
体が動かなくなり、皮膚が硬化し、やがて木の様になる。
人が人ではなくなる奇病――。


千早は声をあげた。
誰か、助けてください。
弟を、助けてください。

千早の歌が大好きだった人達は、みんなで必死に考える。
どうしたら、彼女の弟を救えるか、考える。
そして一人の男が言った。

黒井の館には、万病に効く薬があるはずだと。

少女は一筋の望みに賭けた。

うなされる弟を背負い、街を出る。
革の袋に水を入れ、林檎を鞄一杯に入れ。
山を登り、川を渡った。

やがて弟がうなされる声も聞こえなくなる。
少しずつ、その体が硬くなる。
目的地までの丸1日、一昼夜、千早は一度も立ち止まらなかった。
風吹き付ける草原も、暗い森の中もただ真っ直ぐ、左右の足を進めるばかり。

森の奥、湖の岸辺。
黒井の館は荘厳で、重苦しく、威圧的だった。
けれど千早は声を上げた。

助けて下さい。
どうか薬を分けて下さい。

首筋が熱くなる。
何かと思って振り向くと、弟が泣いていた。
弟の目から流れる涙はひどく熱く、それが千早の心を冷やす。

助けて下さい。
どうか薬を分けて下さい。

何時間かが経った頃、銀色の髪の少女が現れる。
お入りなさい、旅の方。黒井殿がお会いになります。
千早はそれでも礼を言った。
ありがとうございます。どうか弟を助けて下さい。



一角獣の角は大変美しく、そして大変高価なものだ。
その男は言った。
これを手に入れる為に、何人もの人間が命を賭けたのだ。
100人が命を落とし、101人目が片目、片腕を失いながら手に入れたのだ。
平民が一生遊んで暮らせる金と引き換えに、私はこれを買ったのだ。
なぜお前にそれをくれてやらねばならんのだ。

全て欲しいとは申しません。
ただ、弟を救うだけの欠片を下さい。

馬鹿な事を。
これはそもそも薬などではなく芸術品だ。
傷が付けば価値は無いのだ。

芸術品で人の命を救えるなら、そちらの方が――

馬鹿な事を。
人の命に価値などあるものか。
毎日何千何万と生まれ、何千何万と消えるものに価値などあるものか。

なんでもします。弟が助かるのなら、私は――

馬鹿な事を。
お前の命に価値などあるものか。
力仕事も出来ない、まだ幼く、肉付きの貧しい女の体に価値などあるものか。

ならばなぜ!
ならばなぜ、ここに通したのですか?
ならばなぜ、館の中に入れたのですか?


部屋に吹き込む一陣の風。
揺れる銀色の髪。こぼれる溜め息。


およしなさい、如月千早。
黒井殿も、お人が悪い。心を持て遊ばずとも、ただ命じれば良いのです。
引き換えに、お前の『歌』を差し出せと。

私の――歌を?

貴音様がそういうなら、そのように致しましょう。
鼻を鳴らし、息を吐き、黒井は千早と向かい合う。
その表情は真剣で、その口元に笑みは無い。


その子は、私の館で治療しよう。
一体どれだけ時間がかかるのか、それは私にも分からない。
だが、確かに、責任をもって治してみせよう。
だがお前は私の持つ貴重な芸術品を一つ失わせるのだ。
ならば、お前自身が芸術として、私の物になれ。
お前は今日から、私の歌だ。
この湖の対岸に、お前が住む為の社を建てさせよう。
自由は無い。疑う事は許さない。
日の出から日没までの間、歌えるだけ歌い続けるのだ。
お前は私の物になる。だから、二度と弟とも会えぬ。
自由は無い。疑う事は許さない。
さぁ、どうするのだね?


そして千早は決意する。


私は歌になりましょう。
水面を越えて、この館まで歌を届けましょう。
だからどうか、どうか弟を助けて下さい。


男は言った。
私の為に歌を歌えと。
対岸の館まで届くように、声を出せと。

少女は従った。
貴方の為に歌いますと。
貴方の部屋まで届くように、歌いますと。

少女は心の底で誓った。
弟の耳にまで届くように、歌いますと。



高槻やよいは、今日も食べ物を届けた。
乾いた麦のパンと、蜜の入った山羊の乳。
黒井のおじさんに言われた通りに。
このお姉さんのお世話をすれば、弟達もご飯がもらえるから。
黒井のおじさんの屋敷で、読み書きや計算を教えてもらえるはずだから。


如月千早は、今日も歌を歌った。
蒼い鳥と、思い出をありがとう。
乾いた空気を震わす様に、喉を開き、空気を吸い込み。
黒井の館に届きますように。あの子の耳に、届きますように。
私が歌い続ければ、あの子は助かるはずだから。



黒井は街々の有力者や商人に声を掛け、次々に館へ招く。
妙なる調べと美食の限りを尽くし、天使の声を聞かせる宴へ。
訪れた客達は、その美しい歌声に心を奪われ、何度も通うようになる。
最初は招待だが、二度目からは金を取った。
それでも来訪者は後を絶たなかった。
結果、黒井の富はさらに膨れ上がった。
千早の歌が、金に変わった。


その歌声は、晴れの日も、雨の日も、途切れる事無く続いていた。


2週間が過ぎた頃、千早が小さく咳をした。
やがて声が嗄れ始め、思うように歌えなくなった。
それでも千早は歌い続けた。
少しでも声が届くよう、崩れた舟の残骸に座り、歌い続けた。
やよいは蜂蜜と香草を練り合わせ、喉に良いとされる薬を作った。
やよいは願った。
千早の歌が、弟達にも届きますように――。

3週間が過ぎた頃、やよいが熱を出して倒れた。
千早はそれに気付かなかった。
何も食べず、何も飲まず、ただ、かすれた声で歌を歌った。
その歌に力は無く、黒井の館に届く事も、湖を渡る事もなかった。

千早の目から、涙が流れた。
涙が流れた跡は、緑色の筋になっていた。


薄れ行く意識の中で、千早は銀色の髪の女性を見た。
弟は、元気になりましたか?
自分の声が、聞こえなかった。
痛んでいるのは、喉だろうか。耳だろうか。
貴音はそっと千早の手をとり、確かに告げた。
あなた様の弟は、やよい殿の弟達と仲良くしています、と。

ああ、良かった。ありがとう。
それは、如月千早だったものが口にした最後の言葉だった。



黒井は金を数えていた。
他人の人生を、どれだけ買える額だろうかと。
これだけの金があれば、どれだけの平民が命を顧みず、自分の言に従うだろうかと。
金を集める為に、手段は選ばなかった。
金を集める為の、知恵はいくらでも湧いた。


黒井殿。高槻やよいと如月千早が運ばれてきましたが。
貴音が言った。
そうか、ついに2人も物言わぬ木の塊になってしまったか。
黒井が言った。


弟達と、並べてやれ。


黒井の館の下男達は、それを中庭に運んだ。
中庭には、いくつもの木の塊があった。
下男達は、見取り図の中から彼女の弟の、弟達の名前を探す。
そして、それぞれの区画にやよいと千早を安置した。
一角獣の角で、木化病は治らない。
2年前から、黒井はそれを知っていた。



太陽と土、そして雨があれば、彼女達も命を繋ぎます。
貴音が言った。
その視線の先には、やはり一つの木塊があった。
彼女の盟友、黒髪の少女であった木塊。

当然だ。そうでなくては困る。
黒井はその庭の全景を眺めると、ふと、その一画に降りていく。
そして、一つの木塊の前に膝をついた。
髪だった箇所、頬だった箇所に指で触れ、そっと呟く。



待っていろ。音無小鳥――。
もうすぐ、お前も自由にしてやれる。
この雨ざらしの監獄から、自由に羽ばたける日は、もうすぐだ。

お前は笑うかもしれないが、お前と同じくらい立派な歌い手も見つけたぞ。
お前と同じくらい輝く笑顔の少女を見つけたぞ。
みんなまとめて、自由にしてやる。
どこへでも、行け。
この私が、お前ごときを追いかけるものか――。




黒井は、やがて最後の大号令を発する。
その蓄えを、私財を、全て投げ打って。

それが彼の、たった一つの願いであり、唯一の金の使い道だった。


                                       【END】

テーマ : アイドルマスター
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

ちゃんと子安氏の声に脳変換しました

なんだか諸星大二郎氏の絵で描かれた、ピカレスク・ロマンのようなお話しですね!
気まぐれと無慈悲を武器に、世の悲劇と戦う黒井……彼がどんな闇を今まで観たかと思うと胸の潰れる思いになりますね。
復帰した音無小鳥の第一声が「ピヨっす!!」であることを希望します(ラジオdeアイマSTAR☆のゲストのジュリきちさんの声がここ数週間耳から離れないのです)。

「笑止」

>> 月の輪Pさん


> なんだか諸星大二郎氏の絵で描かれた、ピカレスク・ロマンのようなお話しですね!

「ピカレスクだと? 誰に向かって悪漢などと言っているのかね?」

> 気まぐれと無慈悲を武器に、世の悲劇と戦う黒井……
> 彼がどんな闇を今まで観たかと思うと胸の潰れる思いになりますね。

「ふん。これだから底辺事務所のプロデューサーは!
 私が闇を見るだと? 私が見ているのは常に現実だ。闇だの理想だの、寝言は寝て言うのだな」

> 復帰した音無小鳥の第一声が「ピヨっす!!」であることを希望します
>(ラジオdeアイマSTAR☆のゲストのジュリきちさんの声がここ数週間耳から離れないのです)。

「やれやれ。音無小鳥も落ちぶれたものだ。だからあんな男の下へ行くべきではなかったのだ!
 ふん。愚かな女の事など、もうどうでもいい。
 私は、新たなフェアリーを創り上げるのだ! あの日の選択を、せいぜい後悔するがいい!」

以上、黒井様からのお言葉でした。

拝読致しました

 これは前作の理想郷に続く物語と捉えればいいのでしょうか。
 とても、とても苦い物語ですね。千早さんの切実な願いと黒井氏の煩悶、そして友を失い黒井氏を見守る貴音さん。それぞれが死を見つめ、生を願い、もがいているといえばいいのでしょうか。苦しいです。悲痛な叫びが聞こえます。
 木化病・・・面白い発想だと思います。僕のような浅学のSS書きには到底思いつかないロジックです。千早さんもやよいさんもかかっているということは、この病気、ある意味黒死病のような流行病の類になるのでしょうか。そういうことを考えさせるのもまた、おとぎ話といいますか、ファンタジーの醍醐味だなぁと再認識させて頂きました。
 素晴らしいSSをありがとうございました!

拝読させて頂きました

孤独な悪を貫く黒井社長が、ちょっとだけカッコ良いなと思ってしまいました。

シナリオ的には救われようの無い、正に監獄的な世界の中で、
徐々に木化していく千早・やよいを見ながら「ああ……」と思い、
既に弟たちもみんな木になっていて「うわああ……!」と思い、
でも最後の最後に、小鳥さんに語りかけている黒井社長を見たら、
絶望の中でなにか胸に込み上げてくるものを感じました。

最後の大号令の時が来たら、後には一体何が残るんでしょうね……

御礼。

>> 小六さん

> これは前作の理想郷に続く物語と捉えればいいのでしょうか。

時間軸、あるいは世界線としては、繋がらない物語かな。
これはまた、別のお話です。きっと。

> とても、とても苦い物語ですね。千早さんの切実な願いと黒井氏の煩悶、
> そして友を失い黒井氏を見守る貴音さん。それぞれが死を見つめ、生を願い、
> もがいているといえばいいのでしょうか。苦しいです。悲痛な叫びが聞こえます。

黒井さんをSSに出したのは初めてで、貴音さんもこれが初めてだと思います。
貴音さんは隣国の王女、響さんは最後まで貴音に従った侍従長。
黒井さんは唯一、木化病を克服することを諦めていない地方豪族のイメージです。
なので、貴音様、と。

> 木化病・・・面白い発想だと思います。
> 僕のような浅学のSS書きには到底思いつかないロジックです。
> 千早さんもやよいさんもかかっているということは、この病気、
> ある意味黒死病のような流行病の類になるのでしょうか。

お察しの通り。完全に、黒死病からのイメージ遷移ですね。
企画構想段階では、もっと直接的に『紫斑病』という名前を付けていました。
高熱の後、紫の斑が出て石の様になる病気。
でも、タイトルを『青空の監獄』と付けたので、石から木に変えました。

> そういうことを考えさせるのもまた、おとぎ話といいますか、
> ファンタジーの醍醐味だなぁと再認識させて頂きました。

元々が多弁で説明過多な作風なので、読者に想像の余地を残す書き方、
というのは最近色々と実験的に挑戦しています。
別作品の後書きでも書きましたが、今回の『一枚絵』でははなんとなく、
小六さん、寓話さんの作風を意識しています。
真似はできないですが、意識だけ。
大きく幅を振りながら、自分のホームポジションを確認しているような感じです。
コメント頂けて、大変嬉しいです。ありがとうございます。

御礼。

>> 寓話さん

> 孤独な悪を貫く黒井社長が、ちょっとだけカッコ良いなと思ってしまいました。

公式のSPではきっちり悪役でいてくれましたが、
二次創作では広義の『ツンデレ』にしてしまった方が良いキャラだと思われます。
誰にどう思われようが構わん、というスタンスはそれだけでカッコ良い感じです。

> シナリオ的には救われようの無い、正に監獄的な世界の中で、
> 徐々に木化していく千早・やよいを見ながら「ああ……」と思い、

滅びの美学というか、なんというか。
それでも私は歌い続ける、という覚悟ですねー。
弟に届け、この歌声、と。

> 既に弟たちもみんな木になっていて「うわああ……!」と思い、

なぜ館の中で歌わせないのか。遠くで歌わせるのか、の答です。
千早にも、やよいにも、絶望をさせたくないんですね。
遠くから、弟達の幸せを信じて残りの時間を過ごして欲しい、と。
黒井は、遠からず2人が木化病を発症するであろう事を予見していた訳ですね。

> でも最後の最後に、小鳥さんに語りかけている黒井社長を見たら、
> 絶望の中でなにか胸に込み上げてくるものを感じました。

それがツンデレの『デレ』です(嘘)

> 最後の大号令の時が来たら、後には一体何が残るんでしょうね……

莫大な報奨金を目当てに、多くの人が『木化病』の治療薬を探しに旅に出ます。
その間に、黒井は医者と薬を集めます。
治療薬探しの旅で傷付き、病んだ者達は可能な限り治療します。
そして、ある日、本物の治療薬を見つけた者が現れます。
その治療薬を使い、黒井は館の全ての発症者を治します。

千早とその弟も、やよいと弟達も、そして音無小鳥も意識を取り戻し、元の体に戻ります。
みんなは口々にお礼を言いますが、黒井はうるさい黙れ、と一喝し、
いくらかの金貨を持たせ、目障りだ、とっとと去れと言って一顧だにしません。
貴音と響も、国へ帰ると言います。黒井は残った薬を全て、貴音に渡します。

誰もいなくなった広い館の中庭で、黒井は昔を懐かしみます。
青空の下で、熱くなる目頭を押さえ、苦笑します。
――王者は涙など流さんのだ。
涙で濡れたその指先は、いつか見た、緑色に染まっていたのでした。

検索フォーム

プロフィール

ガルシアP

Author:ガルシアP
◎レッガー=●カブキ=カブトワリ

twitterでは “ gar_cia_P ”。

SS書いてましたが、
動画も始めて3年経過。
こちら、デビュー作です。


360版からアイマス界に参加。
ゲームもCDも中の人達も、
ニコマスもSSも、大好き。

Web-:http://garciap.web.fc2.com/
mail:underkoverloverz◆gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ドミノ・ピザ最高!
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
アクセスカウンター
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。