スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

座談心得。

座談会が好きすぎて一部の方から『談長(だんちょう)』と呼ばれる昨今。
改めて、なぜ私がこんなに座談会が好きなのかを解説せねばなるまい!

……なんて事を考えました。




 -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -

・なぜ、座談と称してskypeチャットをするの?


SS界隈、他者の作品に対してコメントをする方法はいくつかあります。
ブログコメント、twitter、skype、メール。もしかしたら対面で直接。


【ブログコメント】

おそらくトータルで考えると、ブログにコメント、が一番良いだろうと思います。

【ブログコメントは、残る】

ブログは一番直接的な媒体で、自分の作品の下に「面白かった」のコメントが付けば、
これは嬉しいし、ちょっと誇らしい。形に残るので、後でまた読める。
これは、創作者にとって、とても良いモチベーションになります。
「またこんなコメントもらえるような面白い作品を書くぞ!」と。

ただ、これがそのままデメリットにもなります。
ずっと残ってしまうので(もちろん管理者権限で削除すれば別ですが)、
書き込む側も、ポジティブメッセージを意識してしまいます。
「ここ変じゃない?」「もっとこうしたらいいかも」とは、なんとなく書きにくいのです。

中には「そういう意見もどんどん書いちゃって!」という方もいますが、
「面白かった」「良かった」というコメントがいくつか付いた後、
「ここの表現が難しかった」「もう少しこっちの視点でも良かったのでは?」とは、
なかなか書きにくいものがあります。
逆に、せっかく上げた作品の一番最初でそんなコメントが付いたら、
その後にコメントする人達も色々考えてしまうかもしれない……とか考えちゃったり。


【ブログコメントは、一往復】

ブログコメントって、
「SSがUP」→「読者コメント(ポジティブ)」→「作者お返事+解説+お礼」
これで、完結しちゃうんです。大抵の場合。
個人的には、
「SSがUP」→「読者コメント」→「作者お礼+解説」→「解説にコメント」→「掘り下げ」→「把握!」
くらいあってもいいと思いますが、ブログコメント欄でのラリーはあまり見ません。
他の人が入りにくくなるから、という理由が大きいのかな、と思いますが。
まぁ、それこそ「○○でやれ」って話ですよね。


【ブログコメントは、1対1】

Aさんが作者に対してコメント。作者がコメントを返す。
Bさんが作者に対してコメント。作者がコメントを返す。
これが基本です。なかなか発展させにくいです。
でも、AさんとBさんでも色々会話できたらいいですよね。
作者さんも、そんなのを隣で聞けたら、ちょっと興味深いのじゃなかろうか?


【twitter は、140文字】

twitterは、また別のメリットとデメリットがあります。
使ってる方なら、だいだい感じているであろう内容なので割愛。
短い印象を読んだ直後に伝えるのには、向いてます。

 -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -

そんなこんなを、かなりの割合で解決できるのがskypeを使った座談会だと
考え、また現状、そう感じています。

とにかく。
どんどん掘り下げたい訳です。
その作者が何を考えてそれを書いたのか、聞いてみたい訳です。
リアルタイムで相手の動きを確認しながら伝えられるから、
誤解されたとしてもすぐ訂正ができる。だから、思い切ったことも聞きやすい。

外部に公開されないので、本音トークが出来る。
skype内にログが残るので、後から再読・再確認もできる。

そんな感じです。

もちろん、正しいファンレターとしてのブログへのコメントや、
感情の鮮度を最大限に発揮できる、twitterでのつぶやきも大切にしていきますが、
それらと合わせて、色々と座談をやっていこうと思っております。

 

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

ガルシアP

Author:ガルシアP
◎レッガー=●カブキ=カブトワリ

twitterでは “ gar_cia_P ”。

SS書いてましたが、
動画も始めて3年経過。
こちら、デビュー作です。


360版からアイマス界に参加。
ゲームもCDも中の人達も、
ニコマスもSSも、大好き。

Web-:http://garciap.web.fc2.com/
mail:underkoverloverz◆gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ドミノ・ピザ最高!
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
アクセスカウンター
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。