『一枚絵で書いてみm@ster』というSS企画がある。

SSの企画で、『一枚絵で書いてみm@ster』という企画があります。

『一枚絵で書いてみm@ster』 企画主:トリスケリオンP

既に過去6回開催され、合計で180作品を超えるSSが集約されている企画。
(改めて数えてみて驚きました。1回平均30作以上のアイマスSSが生まれている訳ですね)

この企画には、過去6回、全て参加させて頂いています。
参加にあたっては個人的に目標を持っていて、毎回、2作品を書こうと思っています。
第5回と第6回は合作SSに参加したので、合作1本+個人作1本ですが、2本カウントでOKでしょう。
だから、『一枚絵』のガルシア作品は、現在、12本ある訳です。

『一枚絵』の特徴は、絵師さんが描いてくれたイラストに合わせてSSを書く、というスタイル。
毎回、本当に素敵なアイマス絵が提示され、悩みつつ楽しみつつSSを書いています。

そして、これは、素晴らしいきっかけだと思っています。

 
 
 



 
『一枚絵』で過去に書いた12作品は、絵師さんのイラストが無ければ生まれなかった作品です。
1人の人間が頭の中に抱えているイメージや知識なんて、たかが知れてます。
だからそれをどう煮っ転がして調理した所で、それほど『枠』を越えた作品なんて生まれやしない。
でも――。
絵師さんという別の方が描いた世界を基点にすれば、世界は一変します。
自分ではない人間のイメージ、ビジョン、世界観を背骨にして、あるいは背景にして書くという事は、
登る予定の無かった山に登るという経験に似ています。

自分で見つけ、自分で『この山に登ろう』と決めるのとは少し違います。
別の人から、『こんな山に登ってみないか?』と提案され、その案に乗る格好です。
もちろん、苦労もあるし、こんなはずじゃなかったと思う事もある。後悔をするかもしれない。
「こんなに大変だとは思わなかった」
そう思う事も、あるかもしれない。でも、大変な事ばかりじゃじゃないんです。
登る過程で、想像もしなかった景色と出会う。頂上からの眺望は、まるで違うものかもしれない。
それは、自分1人で計画し、実行した道のりでは味わえなかった体験と達成感につながります。
そして何より、自分自身でも気付かなかった自分自身の可能性を実感させてくれる経験です。

キツかったけど、自分、こんな山にも登れるんだなぁ。

『一枚絵』じゃなければ書かなかった作品。書かなかった世界。書かなかった設定。
でも、それを一度経験すれば、それは全て、『書いた事がある』自分の経験になる訳です。
自分自身の作風が広がるかもしれない。苦手なキャラが苦手じゃなくなるかもしれない。
苦し紛れに書いた世界が、実は自分の新しい武器になるかもしれない。
今まで言われた事の無かった種類のコメント、されたことの無かったタイプの評価があるかもしれない。
これは、とても貴重で、得がたい経験だと思っています。


一枚絵で書いてみm@ster 参加者の皆様へ

過去6回開催され、現在、第7回の募集が始まっています。
企画主としてトリスケリオンPも色々とお考えのようですし、理想と現実のギャップもあるのかもしれない。
それは、自分の打ち立てた企画について真剣に考えているからだと思います。

企画の運営については、色々難しい事も考える事もあるでしょうが、企画者が所信を訴えるのは大事ですね。
今回こうして改めてメッセージが発信された事は、なんとなく嬉しいです。

それを踏まえて――。


そんなの、関係ねぇ。


企画者が何を考え、何を狙っていて、それについて参加者としてどう思うかとか、
一参加者として、じゃあ締め切りをオーバーする人をどう思うかとか、
そんなの、別にどうでもいいです。

トリスケリオンPが絵師さんにお願いをしてくれるらしい。
絵師さんが、わざわざ描き下ろしで絵を書いてくれるらしい。
そんな素敵なお題が出されるなら、それでSSを書いてみたい!

物事をとてもシンプルに考えれば、それだけです。
過去に書いた12作品、完成度やボリュームにバラつきはあるかもしれない。
でも、この『一枚絵で書いてみm@ster』でなければ生まれなかった作品達です。

だとすれば、次回の第7回で書かれるSSも、その絵でしか生まれない作品です。
そんなチャンスを失うのは惜しいし、きっかけやインスピレーションは何よりも欲しいです。
だから、私は第7回も参加するし、この企画は今後もずっと続いて欲しいと思っています。
そして、自分の作品を1人でも多くの人に読んで欲しい、意見や感想を聞いてみたいと思っています。


【第1回】 絵師:晴嵐改さん
kakimaster01sa.jpg
・携帯電話というパーソナルなものを2人で覗き込む、というシチュエーションに色々刺激されました。
シンキングタイム =1時間で書いた超超短編。
二律背反のサクリファイス =途中に分岐点を作ってみました。

【第2回】 絵師:ハニワPさん
kakimaster02sa.jpg
・この2人の表情の差がもうたまりません。色々な会話が頭に浮かびました。
IceBreaker =イラストの背景が無いのをいい事に、舞台に意外性を。
 =第1回のサクリファイスに続いて、劇中に少し仕掛けを入れています。

【第3回】 絵師:コミズミコさん
kakimaster03sa.jpg
・夜桜というシチュエーションなのに、どうしてこんなに悲しそうなんだろう。胸が締め付けられるような……
散るからこそに =短くシンプルに。絵の印象そのままに。強い2人。
unknown =打って変わってSF風味バトル系。これは続きも執筆中です。

【第4回】 絵師:タカシPさん
kakimaster04sa.jpg
・衝撃的な絵でした。これをセットやCGにするか、架空戦記的現実にするか。舞台設定で悩みました。
理想郷 =絵の優しいタッチに合わせて、おとぎ話の雰囲気。林檎ドキドキ。
青空の監獄 =叙事詩+TRPGの雰囲気で書きました。自分でも気に入っている作品。

【第5回】 絵師:さん
kakimaster05sa.jpg
・4人の表情と視線の差。動きと細かなドラマをどう作品に取り込むか。一筋縄ではいきません。
DANCE IN THE FENCE =奪い合い、鞘当てのイメージ。千早の表情から、淡々と。
Changes. =2人合作。長編。春香と小鳥の不思議な物語。

【第6回】 絵師:てぃーさん
kakimaster06sa.jpg
・初見で絶句。SSで書こうとした時、苦手なキャラベスト4が揃いました。これは試練であり挑戦!
ワーカホリック =律子さんマジ仕事人! 律子さんの某セリフは使用許可取りました。
スタートライン =3人合作。大長編。SPシナリオの裏の『IU』。


今回、改めて見返して、やっぱりいい経験をさせてもらっているなぁ、と思います。
自分の書いたSSが、果たして絵師の皆様のご期待に添えているかどうかは分かりませんが、
これからも、お題として出されたイラストを全力で味わって、SSに仕立てたいと思います。

ご協力して頂いている絵師の皆様と、トリスケリオンPに改めて御礼申し上げます。
本当に、ありがとうございます。

 -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -

2010/7/23 00:10 くらい
seiさんの所でピックアップして頂いたので、せっかくなら、と追記します。

なんでわざわざこうやって、過去の『一枚絵』を並べてリンクを張ったかというと、
この『一枚絵』の主役は、この素晴らしいイラストだからです。
どうですか? とても魅力的なイラストが並んでいると思いませんか?

この企画は、毎回違う『一枚絵』という『アイドル』が登場し、
SSを書く人間が『プロデューサー』となって、SSというステージを演出する訳です。

SSなんてお題が無くても、締め切りがなくても、いくらでも自由に好き勝手に書けます。
でも、この『一枚絵』という企画の面白い所は、
「自分以外のプロデューサーが、このイラストをどう演出したか」
を、確認する事ができるんです。

「なるほどなぁ、その手で来たか」とか、「その発想は無かったw」とか。
「うわー、思いついたけどまとめられなかったんだよなー」とか、「被ったw」とか。
同じイラストをスタート地点にして、それでもやっぱり別々の、個性的なSSが生まれる企画ですから、
自分自身の発想と、別の方の発想なんかを、作品の形で比較できる訳で。
これは、とても楽しいし、気付く事や学べる事が多いです。

上記の各イラストからは、各回の参加者リストに飛べます。

お時間ある方は、ぜひリンク先を見てみて下さい。
SS書きに限らず、いわゆるニコマスPの方々もかなり参加されてます。
ずっとSS書きで、今はノベマスを主戦場にされてる方々もいます。

色々な方が色々なスタンスで参加する企画です。
書くSSの長さや内容も人それぞれですが、企画主のトリスケリオンPも、それを歓迎しています。

この記事をご覧のアナタ! もしよろしければ、第7回、チャレンジしてみませんか?
私達は、いつでもキミの参加を待っておるよ~!

『一枚絵で書いてみm@ster』 企画主:トリスケリオンP

テーマ : アイドルマスター
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

ガルシアP

Author:ガルシアP
◎レッガー=●カブキ=カブトワリ

twitterでは “ gar_cia_P ”。

SS書いてましたが、
動画も始めて3年経過。
こちら、デビュー作です。


360版からアイマス界に参加。
ゲームもCDも中の人達も、
ニコマスもSSも、大好き。

Web-:http://garciap.web.fc2.com/
mail:underkoverloverz◆gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ドミノ・ピザ最高!
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
アクセスカウンター
最新トラックバック