トーキョーN◎VAは面白い。

『TRPG』というゲームがあります。
コンピューターを介さず、全ての判定をサイコロ(ダイス)等で行い、
4人~6人くらいで集まって1人が1キャラを演じて遊ぶアナログなゲームです。


最近ではニコマスでも、【卓m@s】の一ジャンルとして動画が増えていますね。


このブログを書いているガルシアという人も、TRPGが大好きです。
元々はTRPGのマスターをやっていて、シナリオを作ったりリプレイを小説化したりしてました。


で、色々なルールをやってはいるのですが、表題の『トーキョーN◎VA』はとても面白かったです。


『トーキョーN◎VA』は大規模な地殻変動が起き、異常気象に覆われた世界が舞台です。
世界全体が壊滅的な被害を受ける中、日本は強力な科学技術で被害を免れ、
異常気象、食糧危機、エネルギー問題を全て自国で解決する体制を築き、鎖国に入ります。
その日本が外交的な出島として、東京湾に作った人工の街が『トーキョーN◎VA』です。

人の手で作られた人工の楽園、欲望の深淵を舞台に、様々な人間の意志と組織の理論が交錯する、
そんなTRPGです。
世界観としては色々なものを内包していますが、『攻殻機動隊』とか近い感じ。


最新の版は触っていないので、実際に遊んだルールとしては少し昔のルールなんですが、
今でも根本的な所は変わっていません。色々と革新的で、スタイリッシュでした。

他のゲームとのシステム的な違いはいくつかありますが、簡単に3つ挙げます。


1:職業選択が熱い!


N◎VAでは、キャラクターの職業を、タロットの大アルカナに対応した22種類(+4)から3つ選びます。
同じもの3つでもOK。2つ+1つでも、全部バラバラでもOKです。
細かく言えば、職業であり、生き様、主義でもあるので、ゲーム中は『スタイル』と呼びます。

私のハンドルネームの『ガルシア』は、元々、『トーキョーN◎VA』で作ったキャラクターの名前で、
右柱のプロフィールの【◎レッガー=●カブキ=カブトワリ】が、『トーキョーN◎VA』の職業表記。

『ガルシア』の場合を例に挙げると――、
【悪魔】相当の【レッガー】=ヤクザとかマフィアとか、非合法な恐いお兄さん系の職業です。
【愚者】相当の【カブキ】=アーティスト、ダンサー、コメディアンなど、芸能系のお仕事の職業です。
【塔】相当の【カブトワリ】=ガンマン、スナイパーなど銃火器を使う遠距離攻撃の専門職です。

3つ選んだら、[◎ペルソナ]と[●キー]を決めます。
[◎ペルソナ]は主に外見を表します。他人からどう見えるか。
ガルシアの場合は白いスーツ、白いハット、口ひげ、葉巻、スペイン系イタリア人というキャラです。
[●キー]は、性格や本質的な動き方、ものの考え方を表します。
ガルシアは目立ちたがり屋で、人の注目を浴びたくて、後先考えない刹那的・享楽的なキャラです。



2:【神業】が熱い!


上記の職業【スタイル】に対応して、【神業】というものが設定されています。
これは基本的にあらゆる判定の上位に位置し、ここぞという時に使える切り札です。
1キャラが【スタイル】を3つ持っているので、1キャラは3回【神業】が使えます。

例えば【力】相当のスタイル【カタナ】の神業は≪ダンスマカブル:死の舞踏≫です。
効果は「相手は死ぬ」です。
いや、冗談ではなく。本当にそういう効果なんです。基本的には、近接戦闘武器で叩っ切るんですが、
細かな表現は使った人に一任されます。【神業】を宣言して、カッコ良く使いましょう。

で、神業はあらゆる判定の上位なので、受けるとか、かわすとか不可能です。
じゃあ、敵に狙われたらどうするか?
こちらも【神業】で対抗する事になります。
一番正しい防ぎ方は、【皇帝】相当の【カブト】が使う≪インヴァルネラブル:難攻不落≫。
これは、「敵のどんな攻撃も、1度だけ防ぐ」という神業です。

ちなみに【神業】は戦闘に関する物ばかりではなく、
例えば【運命の輪】相当のスタイル【エグゼク】は企業重役や組織幹部を表すスタイルですが、
このスタイルの【神業】は≪M&A:買収≫です。金の力で、買えるものは何でも買えます。
情報が欲しければ、腕利きの探偵を抱えている探偵社でも、スーパーハッカーのいる調査会社でも買えばいい。
ちなみに【カブキ】の【神業】は≪チャイ:無効≫です。
誰かが何かをした瞬間、それを謎の幸運で「失敗させる」という神業。
敵の剣が喉元に向かってきても、滑った剣がすっぽ抜けて命拾い、とか、
落ちてる小銭を拾おうとしてしゃがんだら、銃弾が頭の上を掠めて「あっぶねー!」とか。

【カブトワリ】の神業は≪クー・デ・グラ:とどめの一撃≫。
【カタナ】の神業が手持ち武器による即死技なのに対し、飛び道具による即死技を放ちます。ゴルゴ。

こんなのを見ているだけでも色々と妄想が膨らむので、もしお時間あれば下記をどうぞ!

wikipedia - トーキョーN◎VA スタイル一覧



3:判定のシステムが熱い!


通常のTRPGは、成功か失敗かの判定をサイコロ(ダイス)で行います。
よく使われる10面体ダイスなら、1が出る確率も10が出る確率も等しく1/10です。
ですが、『トーキョーN◎VA』の判定は、トランプを使います。
それも、判定ごとに、複数枚もっている手札の中から1枚を選択して出します。

基本的には、数字が大きい方が強いです。小さいと、失敗しやすいし、大きいと成功しやすい。
絵札は強いですし、Aはそれよりさらに強いです。

で、これで何が起きるかというと、
ダイスと違って、ある程度の成功と失敗を自分でコントロールできるのです!
強い手札を切り札として取っておいて、ここぞという所で使うのは基本。
でも、色々な見せ場の作り方はある訳で。

例えば、とある女性を守るボディーガード役をやっている時に、
判定成功なら女性を守りつつ、自分もノーダメージで助かります、というシーン。
事前の察知で相手の銃弾なら、女性はともかく、自分は即死しない、と分かっていたら、
あえて惜しい所で失敗するカードを判定に使い、女性は無傷だけど自分は銃弾を受けてしまう!

ちょっとカッコ良い! そして微笑むのさ。
「ああ、キミが無事なら、それでいいんだ」

まぁ、それを女性がカッコ良いと取るか、どんくさいボディーガードで不安だわ、と思うかは、
マスター(N◎VAではルーラーと呼びます)の判断と、前後のストーリー次第ですが。

ともかく、そういう選択肢がプレイヤーの手の中にある、というのがとても熱いのです。






と、ここまで書いてからwikipediaを頭からザッと見た。む。全部説明書いてあるじゃないの。
……こっちに誘導すれば良かったんじゃね? と思いつつ、
それでも、読んでくれた方、ありがとうございます。

さぁ、これでおおよその予習はできたはず。
ぜひ、貴方もトーキョーN◎VAの住人になって下さい。



 かくて運命の扉は開かれた……


テーマ : アイドルマスター
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

ガルシアP

Author:ガルシアP
◎レッガー=●カブキ=カブトワリ

twitterでは “ gar_cia_P ”。

SS書いてましたが、
動画も始めて3年経過。
こちら、デビュー作です。


360版からアイマス界に参加。
ゲームもCDも中の人達も、
ニコマスもSSも、大好き。

Web-:http://garciap.web.fc2.com/
mail:underkoverloverz◆gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ドミノ・ピザ最高!
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
アクセスカウンター
最新トラックバック