『15行PoeM@ster』を振り返って

すごろく妄想格納庫 (2が出る日まで)  15行PoeM@ster特集



Vinegar56%さんのブログで、15行PoeM@ster特集と題された記事を拝見しました。
先日開催された『15行PoeM@ster』の関連動画が全てコメント付きで紹介されています。

とはいえ、開催告知動画を除けば参加動画作品は全部で7つであり、
『15行PoeM@ster_十五夜祭り2010』公式ブログ(http://d.hatena.ne.jp/PoeMaster15/)も、
既に消滅している模様なので、“知る人ぞ知る”“隠れ家的な”企画、という感じ。

大規模なプロモーションや告知が行われた、という印象はないので、
知らない人も多かったかも。
でも、私にとっては大変ありがたい企画でした。

 
 

完全に独力で動画を作ろう、とした場合、『15行』前の私には、
技術と経験が不足していました。作れるという自信も、まるで無かったです。
「動画を作れる人はすごいなぁ」という感覚でした。
一応、1002デビューPなんですが、動画制作の最終段階では、先輩の力を借りていましたので。

具体的に言うと、動画制作に関するソフトは紙芝居クリエーターしか持っておらず、
それも少しいじって諦めた、という程度の能力でした。
なんとなく触って、動画制作ソフトとしての構造や仕組みは理解できたのですが、
トランジション、FFS、文字送りの設定辺りで挫折。放置しておりました。

ただ、動画を作りたいなー、という気持ちはありました。


で、偶然発見したのが『15行PoeM@ster_十五夜祭り2010』でした。


15行で表現できる内容には限界があります。
表現を磨き上げて、研ぎ澄まして、練って創り上げても、
10分の動画にはならないだろう、とう目算がありました。

裏を返せば、5分程度の動画を作って、胸張ってUPできるチャンスでした。
どれだけ短い作品でも、「いやぁ15行制限なもんでー」と言い訳できるな、と。

――5分くらいなら、文字送りとかFFS無しでもイケるんじゃないか?

そう思って、改めて、自力での動画制作に挑戦してみた訳です。


立ち絵+背景+メッセージウィンドウの形式だと、個人的に文字送りが欲しくなります。
でも、文字送りはできません(当時はできませんでしたし、やろうともしませんでした)。
じゃあ、どうするか。
立ち絵+背景+ウィンドウの形式から離れるしかありません。

幸いな事に『15行』はPoeM@sterだったので、あくまでポエムです。
動画の構造やお約束は崩してもOKだろう、と解釈して、立ち絵もダンスから切り抜きました。

FFSはよく分からなかったので、トランジションだけしっかりwikiの説明を見て、
本当に『紙芝居』です。
640×480ピクセルの画像をどんどんトランジションで切り替えるだけ。

そうやって、3本の動画を作りました。
やった事といえば、必要枚数の画像作った事。音楽に合わせてトランジションのタイミング設定した事。
そのくらいです。


いきなりすごい事をやろうとしてもなかなかできないので、
できる範囲でそれなりに、すごそうに見える事を考えた結果があれらの3作品でした。

【Novelsm@ster】タグは、色々考えて付けませんでしたが、
お陰さまで3作品とも、再生数が500~600となり、ありがたい限りです。


3本作れたので、なんとなく、なんとかなる、という自信になりました。
その結果、続く青春m@sterでも動画を1本作ることができました。

今回の挑戦は、文字送りでしたが、こちらもなんとか上手くできた……はず。


私は、SS畑の人間です。表現手法として、動画がSSの完全上位互換だとは思っていません。
動画Pという自覚はまだ薄いです。でも、なんとか動画も作れるようにはなってきました。

SS向きのお話と、動画向きのお話の差はあります。存在すると思います。

「動画作りたいけど無理だよー」「動画作れる人はほんとすごいわー」
と少し前まで思っていました。

でも、『15行PoeM@ster』への挑戦をきっかけに、「無理」という意識は無くなりました。
なので、この企画についてはとても感謝しています。

また、この企画を通じて、私の動画について語って頂けた、というのも本当に嬉しいです。
ここで、深く御礼申し上げます。


自分がちょっと背伸びをするチャンスとして、様々な企画はとても有効だと思います。

もし動画作ってみたいけど無理だよー、と思っている方がいたら、
とりあえず紙芝居クリエーターをダウンロードだけしてみるといいです。
その後は色々ググッて、素材集めて、なんとなく触るだけでも良いと思います。

画面の中に画像を置いて、それが切り替わるだけでも、結構楽しく感じました。
色々な人が色々な事に挑戦できる、楽しめる。

それがこの界隈のすばらしい所だなぁと思います。

テーマ : アイドルマスター
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

ご紹介ありがとうございます

 初めまして。Vinegar56%と申します。拙記事をご紹介いただいてありがとうございます。
 私は動画の作り手でもSSの書き手でもないので、動画を見た印象を書くことは出来ても、動画が作られる過程や、作り手の側の思いなどはなかなか想像することができません。ですから、このように作り手の方が動画について語られた文章を拝見することができて、嬉しく、またいろいろ教えられるところがありました。

 仰っている通り、動画はSSの上位互換ではなく、また逆にSSが動画の上位互換でもないわけです。アイマスの二次創作において、一方にニコマスPVに代表される映像表現を追求した創作があり、もう一方にSSに代表される言葉による表現を追求した創作があるわけですが、個人的に、映像と言葉という二つの文法が出会う境界線上で、どんな表現があり得るのかということに私は興味を持っています。
 いわゆる「ノベマス」や「架空戦記」のような確立されたジャンルにおいては、表現をより映像の側に近づけていくことや、ビジュアルノベルやメッセージウィンドウという固定化した形式の中で演出を精妙にしていくことが、動画表現の進化であると考えられやすいと思います。それは間違ってはいませんが、映像と言葉との関係からは、そうした一方的な方向性や形式に収まらない、もっと多彩な表現があり得るのではないかと感じていました。
 この「15行PoeM@ster」の企画を耳にしたとき、15行の詩という制約のもとで作られる動画からは、既存の枠に捕われない新しい表現が生まれ得るのではないだろうか、という漠然とした予感はありました。しかし、その予感が確信と期待に変わったのは、ガルシアPが最初に投稿された「私は、アイドル 【15行PoeM@ster】」を視聴してからです。そのおかげで私はこの企画で投稿された動画を注目して見ることになり、個性的な方々の素晴らしい動画に出会うことが出来ました。本当に有り難く思っております。

 長々とコメントして、失礼いたしました。素敵な作品と文章を読ませていただくことができて、大変幸せです。

御礼。

> Vinegar56%さま

ご訪問ありがとうございます。
思い起こすに1年とちょっと前、
私もニコマスで色々な作品を見ていて、
感想を書き留める場としててブログを始めました。
その後、色々な企画に参加しながら、
SSを書き、動画を作り始め――。
今回、Vinegar56%さまの記事を拝見して、
「ああ、自分も記事書いてもらえる所に来たんだ」
と、感慨もひとしおでした。

もちろん、当時憧れていた皆様は今もはるか彼方で、
作品の質や量、諸々の数字などは遠く及びませんが、
今後も、何か感じて頂ける作品を作っていければと思います。
また何か機会あれば、見てやって下さい。

検索フォーム

プロフィール

ガルシアP

Author:ガルシアP
◎レッガー=●カブキ=カブトワリ

twitterでは “ gar_cia_P ”。

SS書いてましたが、
動画も始めて3年経過。
こちら、デビュー作です。


360版からアイマス界に参加。
ゲームもCDも中の人達も、
ニコマスもSSも、大好き。

Web-:http://garciap.web.fc2.com/
mail:underkoverloverz◆gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ドミノ・ピザ最高!
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
アクセスカウンター
最新トラックバック