スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『過去と未来と彼女と私』

whiteA_small.png  ・01/14 テーマ「成人(式)」「ひさしぶり」「お餅」「おめでとう」





 池袋駅東口を出て、ビックカメラの前を横切るように進む。
 サンシャインを見上げながら歩いていると、マツモトキヨシの前で、
「ひさしぶり」
 と声を掛けられた。
 相手は、赤い振袖を着た、同い年くらいの女性だった。



『過去と未来と彼女と私』



 街で声を掛けられる事は、少なくない。
 多くの場合は、「あの、すみません」。
 続いて「秋月律子さんですよね」。
 その先は大体2択。
 「ファンです。サインください」か「一緒に写真を――」。
 周りに人が少なければ、私の答は「じゃあ、特別ですよ」。
 周りに人が多ければ、「ごめんなさい。次の収録があるので」。

 いうなれば、「ここまでテンプレ」である。

 だから、今日の出会い――再会は、イレギュラー。
 当然、無意識機械的な対応が出来ず、一瞬、動きが止まってしまう。

 同年代の女性との接点は、実は意外に少ない。
 だから、私の意識は、必然的に小学校時代の同級生から順に検索していく。
 厄介な事に、昔の同級生は必要以上に私を憶えていてくれる。
 いや、思い出してくれる、と言った方が正しいかもしれない。
 ファンレターには「4年生の頃同じクラスだった――」みたいなものもある。
 残念ながら、私は全員を憶えている訳ではないので、帰って卒業アルバムを見返す。

 もしそのパターンだったら絶望的だ、と思った瞬間――。

 彼女のイヤリングに目が行った。

 白いモフモフした襟巻きに埋まるように、揺れる金色。
 それは、てんびん座のマークをモチーフにしたイヤリングだった。

「西之森さん?」
 記憶が、フラッシュバックする。
 泣き顔も、勝ち誇った顔も、切なそうな顔も、私は知っている。
 元765プロのアイドル、西之森夕香。
 私の、憧れでもあった人だ。

 立ち止まる訳にもいかない。
 かといって、2人でカフェに入れるほど親密でもない。
 時間の流れは、確実に私達の間に溝を作っていた。

 だが、幸いな事に、彼女はそれほどの隔絶を感じている訳ではないらしい。
 ニコニコと人懐っこい笑顔を浮かべて、私と並んで歩いてくれた。
 そう、歩きながら話そう。それがいい、と思ってしまう。

 東急ハンズの前を過ぎると、目の前に首都高5号線が現れる。
 それが最後の門番のように、私達の行く手を遮る。

「律っちゃん、デビューしたんだよねー。おめでとう」
 ポンポン、と肩を叩かれた。
「ありがとうございます」
 笑顔で、応えられただろうか。
 私はあまりフィジカルなコミュニケーションが得意ではない。
 いわゆるパーソナルスペースを死守したいタイプの人間だ。
 彼女はその正反対で、相手が誰であろうと気軽に近付き、触れる。
 そんな彼女の性格を、本当に羨ましいと思った事がある。

 いや、今でも羨ましいと思うのだけれど。

「西之森さんは、どんな感じなんですか?」
 私の知っている西之森夕香は、765プロのBランクアイドルだ。
 765プロの掟――1年間という期限付きのプロデュースシステム。
 その不文律に公然と反旗を翻し、当時のプロデューサーと独立し……

 その後の消息を、私は知らなかった。

 知らなかった。

 いや、そうじゃないのかもしれない。
 知ろうとしなかったんだ。
 不安だった。
 漠然と、怖かった。

 私はなぜ、こんな事を聞いてしまったんだろう。

「私ー? もう引退しちゃったよ」

 なんとなく、気付いていた。
 私如きが言えた事ではないのだけれど、今の彼女に芸能人の匂いは無い。
 それが、とても淋しかった。
「あのプロデューサーとそろそろご結婚、ですか?」
 冗談めかして聞いてみた。
 2人がどれだけ信頼し合っていたか、私は知っていたから。

 だから無慈悲に、残酷に、聞いてしまった。


「あー、あの人ねー。もっと若い子見つけて、そっちに行っちゃった」


 765プロから独立したかつてのアイドルは、プロデューサーに捨てられた。
 アイドルらしさの全てを失い、今は――。

 携帯が鳴った。

 気まずさを誤魔化してくれた絶好のタイミングに私は飛びつく。
「ちょっと、ごめんなさい」
 携帯を開き、それを耳に当てると、聞き慣れた声がした。

『あー、悪い。目の前にいた』

 その声に、視線を上げる。
 横断歩道の先、赤信号の真下に、私のプロデューサーがいた。

「ふぅん。あれが律っちゃんのプロデューサーか」
 そう言って、彼女はにやりと笑った。
 振袖を大きく風に舞わせながら、その左腕を私の首に回す。
 ぐいと引き寄せ、耳に息がかかる距離で呟いた。

「男を、信用しすぎない方がいいわよ」

 その声が、私の胸の奥の深い所に沈んでいった。

 私は、彼女ではない。
 私のプロデューサーは、彼女のプロデューサーではない。
 昔は、今ではない。
 昔は、未来ではない。
 だから大丈夫だ、とは言えない。

「じゃあ、また、いつか」
 そう言って、西之森夕香は、私に背を向けた。

「また、いつか」
 そう言って、私は、西之森夕香に手を振った。


 私が駆け出し事務員だった頃、彼女は駆け出しアイドルだった。

 今、私は何になれただろうか。

 今、彼女は――。



 電子音に急かされるように、私は横断歩道を渡り切る。
 そこには、見慣れたプロデューサーの笑顔があった。
「学校の知り合いか?」
 プロデューサーと西之森さんには、直接の面識が無い。
 だから、私は細かい説明を省いた。
「憧れの先輩、って感じですね」
「ふぅん」
 プロデューサーは私の頭越しに彼女の様子を見て、呟いた。
「律子も、あんな風にしたいか?」
「そりゃあ、成人式に振袖着るのは一般的な――」
「いや、そうじゃなくて、あれ」
 プロデューサーが人差し指で車道の先を示す。
 振り返ると、彼女がスーツ姿の青年の腕に抱き付いていた。
 明るい笑顔で――私の知っている彼女の笑顔で。
 同い年なんだろう。
 きっと、一緒に成人式に出るのだろう。

 あれが、彼女の選んだ道なんだ。

 そう思えた。


「ほれ」
 プロデューサーが右腕を出す。
「全然。全く。これっぽっちも興味ないです」
 わざと、大袈裟に顔を背け、私は営業先に足を向けた。
「だよなー」
 プロデューサーは笑って、私の後ろにぴったりと着く。

 
 私は、彼女ではない。
 私のプロデューサーは、彼女のプロデューサーではない。
 昔は、今ではない。
 昔は、未来ではない。
 だから大丈夫だ、とは言えない。


 でも、今の私に不安は無い。


テーマ : アイドルマスター
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

ガルシアP

Author:ガルシアP
◎レッガー=●カブキ=カブトワリ

twitterでは “ gar_cia_P ”。

SS書いてましたが、
動画も始めて3年経過。
こちら、デビュー作です。


360版からアイマス界に参加。
ゲームもCDも中の人達も、
ニコマスもSSも、大好き。

Web-:http://garciap.web.fc2.com/
mail:underkoverloverz◆gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ドミノ・ピザ最高!
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
アクセスカウンター
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。