気の利かないプロデューサーと、駆け出しアイドルの話。の話。


続編、です。



ニコマスPとしてのデビュー1周年の節目に、
『色黒の社長と、事務に向かない事務員の話。』という動画を作りました。

今回の動画は、その続編にあたります。

 

前回のブログ記事でもなんとなく書いた通り、本当は続編を作るつもりは無く、
なんとなく前後の解説をブログで行って終わろうかと思っていました。
でも、色々とコメントを頂いて、とても嬉しくて、その先を形にしようと思いました。

『色黒の社長と、事務に向かない事務員の話。』

このブログ記事の時点で、プロデューサーは決まっていました。
社長が直々に声を掛けに行き、961プロに引き込むこと。
2人の相性は良いものの、プロデューサーの理想主義、熱血気質のせいで、
最初の仕事が、少女にとって望ましくないもの(水着グラビア)になること。
その辺りまでは、決まっていました。

「理想主義、熱血気質のせいで」というのは難しい理屈ですが、
要約すると、このプロデューサーには「アイドルはこう在るべき」という確固たる像があって、
少女をいかにそこに当てはめるか、という視点でしか見ていなかった、という話です。
自分勝手なゴールありき、でのプロデュースが失敗の原因で、
今目の前にいる少女がどんな子で、何を望み、どう成長させるか、
それを考えなければいけなかった、というのが劇中での出来事です。
その辺りを長々語らせるプロットもあったのですが、ばっさりカット。
社長の問い掛けだけで、プロデューサーに伝えました。

明確な理由は分かりませんが、多くの方にご視聴頂いております。
動画投稿当日に500再生とか、初めての経験です。
刻一刻と増える再生数とコメントに大喜びし、
こちらが説明をしなかったポイントまでコメで
「ああ、そうか」と言ってもらえると、本当に嬉しいです。

あわせて、前作も、目標の961再生に近付いてまいりました。

シリーズ化するつもりは無く、
『色黒の社長と――』が単発モノで、
『気の利かないプロデューサーと――』はあくまでエキストラステージ、
というつもりでいたのですが、「続き楽しみにしてます」系のコメントを
複数頂いてしまいました。どうしましょう。

なんか、前回のブログ記事と同じ感じですが、
期待してくれる方がいるなら、また作ってみようかな、と思ってしまっています。
さて、次回の登場人物は誰にしましょうか。
優しい女医さん。気難しいボーカル審査員。底辺事務所からの使者。
この辺りが候補になるかなぁ、という現状です。


 -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -
ちょっと遅れて4/3壁紙追加。1,300再生、ありがとうございます。
1_year_wall_20110403190238.png

テーマ : アイドルマスター
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

見させていただきました。

見入ってしまう。

そんな動画でした。

久々によいアイマス動画を見させていただきました。
ありがとうございます。

続きが気になります。
これからもがんばってください!

御礼。

ご視聴、そしてコメント、ありがとうございます。
率直に言って、とても大きな励みになります。
ご視聴いただいた方の心に何か残せれば、と思います。
続き、頑張ろうと思います。

期待。

続きを期待している人間がここにもいたり。

文章の美しさや設定の興味深さにはとても惹き込まれます。
またこのシリーズに触れられる日を楽しみにさせて頂きたいと思います〜。

御礼。

動画を作っていて、「続きが気になる」と言われると、
とても嬉しいものですね。
ちょっと頑張っちゃおうかな、みたいな、
そんな気持ちが湧き上がります。
同時に、期待を裏切らない内容を、と背筋の伸びる思いです。
ぜひ、この先も見届けて下さい。

No title

続き楽しみにしてます

御礼。

ありがとうございます。
「続きを楽しみにしている」
という言葉、嬉しいです。
期待に応えられるものを創りたいと思います。
第3話、上手くいけば一両日中には……

検索フォーム

プロフィール

ガルシアP

Author:ガルシアP
◎レッガー=●カブキ=カブトワリ

twitterでは “ gar_cia_P ”。

SS書いてましたが、
動画も始めて3年経過。
こちら、デビュー作です。


360版からアイマス界に参加。
ゲームもCDも中の人達も、
ニコマスもSSも、大好き。

Web-:http://garciap.web.fc2.com/
mail:underkoverloverz◆gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ドミノ・ピザ最高!
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
アクセスカウンター
最新トラックバック