『タラPのノベマス講座』に関するあれこれ





(ノД`) さて、ではウチも全ニコマスブロガー憧れの続空メソッドを使って語るワケだが

 (゚Д゚) やめとけ

 



そういう訳で、一動画制作者として今回の鱈Pの講座を拝見しまして、
これはすごい動画だなぁ、と思った次第です。

とても素敵な動画だと思ってうんうん頷きながら見ている内に、
ニコマスブロガーな皆様が結構記事にしてしまっているので、
出遅れた感は否めませんが、自分なりにポイントを押さえたいと思います。

スクリーンショットも使うんですが、動画の流れの一部を切り出す形になるので、
前後の文脈をすっ飛ばす分だけエッジの効いた印象になります。
ぜひ、一度、頭から動画を見てから読んで頂ければなぁ、と思いますが、
逆に「絶対見ないよ」という予定の方がこの先を読んで、
「ちょっと見てみようかな」と思って頂けたなら、それはそれでアリ。

と、いう訳で、個人的な動画の感想。




結論から言うと、
この動画は鱈Pが悩める動画制作者に贈ったもので、
思考の迷宮に入り込んだ動画制作者を助け出すべく垂らした蜘蛛の糸――
なんじゃないかな、という理解。

どうすれば数字が伸びるか、ではなく、
どうすれば面白い話が作れるか、ではあるんだけれど、
どうしたら足に巻き付いた鎖から自由になれるか、というお話。




00001.jpg

一見、辛辣に見えるこの言葉。
これは視聴している動画制作者の力をこき下ろしている訳ではなくて、
「できるはず」「できないのは考えが足らないからだ」
「作れるはず」「作れないのは努力が足りないからだ」
という強迫観念、あるいは思い込みからの脱却のススメだ。

そして、注意しなけりゃいけない。
これは、「努力」や「労力」を否定しているものではない。
「努力」や「労力」の、使い所を見極めよう、という話。

で、それらはどこで使えばいいか、という話も、
きっちりと具体例を挙げて見せてくれる。

00003.jpg

ぷよm@sの一場面からなんだけど、これが、実に分かりやすい。
ああ、これが「動画の醍醐味」なんだなぁ、と納得できます。
イラストにもSSにも真似のできない、視聴覚と時間変化の演出です。




そして、その後。
ここが一番の要になってくるんだと思います。
ある意味、究極のぶっちゃけトーク。

00004.jpg
00005.jpg

これは、多かれ少なかれ、二次創作者ほとんどが持っている感情なんじゃないかな。
「俺は違う」というストイックな方もいるとは思います。プロ思考な方とか。
ただ、この動画講座にヒントを、或いは救いを求める人にとっては、
これはすごい言葉だと思います。

とかく、「多くの人の意見を受けるべき」「客観批評こそ上達への手がかり」
「褒められるより厳しい指摘の方が成長できる」という意見を聞く事が多い世の中、
「いや、褒められた方が嬉しいよ」というのは、心の声の代弁だと思います。

鱈Pは、客観的な評価の効能を否定している訳ではない、という点に注意。
成長過程のメンタリティにおいて、モチベーションを上げて、
しっかり作品を生み出し、その過程で成長していった方がいい。
しっかりとした芯や自信ができたら、客観評価も辛辣な言葉も、受け止められる。
それは、次のステップに上る時に役立つと思うよ、という話。

自由にやろう、伸び伸びやろう。
自分の信じた道を進もう。
本当に自分が面白いと思って作ったものなら、
誰かがきっと「面白い」って言ってくれるよ。

実に、シンプルな意見で、
なかなか他の人が言えなかった言葉、なんじゃないかな。
鱈Pだからこそ言える言葉でもあるし、
この動画の前半部分があるからこそ活きる言葉だと思います。

00006.jpg

この動画では、徹頭徹尾、「タラは~~」「タラなら~~」と語られます。
それは時に視聴者の多くの意見を代弁し、
それは時に制作者の多くの意見を代弁しています。
それでも、「視聴者はこう思ってる」とか、
「動画制作者ならこうする」という言い方は一切していません。
たとえ多くの人がそう思ってるんだろうな、というような事を語る時でも、
「他の人がどうかは知らないけど、タラはこうだよ」と語ります。
これって、すごいことだと思います。
だって、明らかに荒れそうなネタと言い回しじゃないですか。
下手したら動画制作者と視聴者の両方を敵に回しかねないじゃないですか。

それでも、「タラは」を貫いた所に、
この動画に対する想いと、この動画で伝えたかった思いの重さを感じます。



そして、さすが鱈Pと思わせるのは、
随所に散りばめたギャグと軽快なテンポで、
視聴者を楽しませる姿勢を忘れない、という所です。

まっとうに進めたら、目も当てられないコメントの渦になっていたでしょうが、
それでも「w」の乱舞するコメント欄になっているのは流石です。

もちろん、カチンときてるっぽい人も散見されますが、
それはある程度覚悟の上での投稿だと思います。
そこまで含めて、鱈Pかっこいいなぁ、と思いました。



あと、私が一番勉強になったのは、このシーンですね。
次の動画では試してみたいと思います。


00002.jpg

※このブログの記事内容だけで動画内容を把握するのは危険です。ご注意。

テーマ : アイドルマスター
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

ガルシアP

Author:ガルシアP
◎レッガー=●カブキ=カブトワリ

twitterでは “ gar_cia_P ”。

SS書いてましたが、
動画も始めて3年経過。
こちら、デビュー作です。


360版からアイマス界に参加。
ゲームもCDも中の人達も、
ニコマスもSSも、大好き。

Web-:http://garciap.web.fc2.com/
mail:underkoverloverz◆gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ドミノ・ピザ最高!
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
アクセスカウンター
最新トラックバック