想いのキャッチボールの話。

とてもとても個人的な話なので、山場もオチもありません。ご容赦を。







「頂いたコメントの話」


先日、このブログに非公開コメントを頂きました。

コメント主のお名前はなく、どなたから頂いたのかは分かりません。
管理者のみに公開の鍵付きコメントだったので、直接の転載や引用は避けますが、
『色黒の社長の話。』の噂を聞いて、1話から、順番に見て頂けたそうです。
(本当なら全文転載したいくらい、素晴らしい考察と裏読みに溢れていました)

その方は、印象に残ったシーンや、暗喩表現への考察などを交えながら、
まさに「読み解く」といった格好で、色々と感想を書いてくれました。
もちろん、第12話~第13話についても言及されていて、
あの展開についてショックは受けたけれど、受け入れている、との事。
大絶賛ではなく、大ブーイングでもない所がとてもリアルでした。
波乱はあったし、最初の頃とは物語の見え方も変わってしまったけれど、
それでも先が楽しみだ、とも言って頂けました。
一安心、という表現はおかしいかもしれませんが、作者の正直な心境です。

この方は、ブログ等お持ちではないとの事なのですが、
頂いたコメントは、ゆうに感想ブログ一記事分はありました。
これだけの想いを届けて頂けた事、嬉しいです。ありがとうございます。

また機会あれば、ぜひ。






「想いのキャッチボールの話。」


アイドルマスターというゲームが大好きで、その二次創作と、
その界隈に集まる人達が作る空気が大好きで、
なんとかあの辺に混ざりたいなぁ、と思っていました。

ブログで好きな動画への感想を書き始め、
面白そうな企画を見つけては、SSを書いて送っていました。
そのうち、「無理だよなー」と笑っていたはずの動画も作り始め、
なんだかんだで今はこんな感じ。
『色黒の社長の話。』は、多くの方にご視聴頂ける様になりました。


二次創作の多くは、
作者の、何かしらの想いから生まれています。
大好きなアイドルの魅力を描きたい、とか、
アイドルを主役にドラマチックな展開を見せたい、とか、
そんな、こんな、あれや、これや。

で、そんな「想い」の発露は、大なり小なり反応を求めています。
優先順位は、人によって様々ですが、ほぼ全ての二次創作者は、
自分が形にした「想い」を受け止めた人が、どう思うか、どう感じるか、
そしてどんな風に声を上げてくれるかを、楽しみにしています。

「作品を作る事が目的なんじゃないの?」
「反応が欲しいから作品を作ってるの?」

という声が上がる光景を、たまに見ます。
YESであり、NOでもありますが……
作品を作ること「だけ」が目的なら、わざわざWeb上にUPしないです。
Youtubeよりもニコニコ動画に投稿する人が多い理由であり、
あまり使い勝手がいいとは言えないながらもPixivに人が集まる理由です。

自分が発信した「想い」が受け止められ、なにかしらの反応が返ってくる。
その反応は、視聴者・読者の「想い」であり、それを受け止めた作者は、
また「想い」を新たにして、創作にとりかかる事ができるはず。

この、返ってくる「想い」が、なによりのモチベーションに繋がります。

正直、たいていの二次創作者は素人ですので、
何かをしてお金がもらえるわけではありません。
何も手に入らない状態で、作品を作り続けるというのは至難の業です。
それでも作り続けられるのは、なにかしらの「想い」が手応えになるから。

連載も、短編も基本構造は一緒で、水泳みたいなもんです。
息を止めて、あるいは細々と吐き続けながら必死に泳いで、
水の中では孤独で、辛くて、もう立っちゃおうかな、と思うけど、
息継ぎの為に顔を上げた時、大きく息を吸えて、ああ、もうちょっと頑張れるって。
そこで自分に向けられた声援とか聞こえちゃったら、水の中で笑顔です。


多分、ある種の理想で言えば、連載作品を頭から完結まで全部作り切って、
「『とのばな』は、毎週土曜日、21時に新作UPです。乞う、ご期待!」
とかやれればいいと思うのですが、そこまでのタフネスはありませんでした。

だから、できた所から出しています。
頂いた「想い」を胸に、次を作るぞー! と気持ちを盛り上げています。

ここでいう「想い」ってのに、決まった形はありません。
ニコニコ動画で言うなら、コメント、マイリスはもちろん、
クリックしてもらえた、再生してもらえたってのも嬉しいですし、
わざわざ身銭を切って広告入れてもらえた、なんて恐縮してしまうくらいです。
ブログで感想や考察書いてもらえたら、同じ記事を5回6回と読みに行きます。
twitter等で一言もらえるだけでも、とても嬉しいです。
否定的な意見やお叱りの言葉もあるでしょうが、それも含めてありがたい事。
「見てくれる人がいる」「がんばれる」「がんばろう」
そんな風に思って、また一歩踏み出せます。


なんでこんな話してるかっていうと、「想い」は等しいという主張。
二次創作者は神でもなんでもないし、視聴者・読者はただの消費者ではないです。
「お互いを支え合ってる存在」と言っても過言ではありません。

だから、決して「想い」の価値を軽んずる事なかれ。

既にたくさんコメントが付いている動画で、自分が言いたい事が全部コメントされてても、
そこでもう一つ「笑ったw」「すげぇ」と書きこむことには大きな価値があります。
そんなキャッチボールはとても楽しい。とても嬉しい。
だから、頂いた想いには応えたいし、ブログ記事やtwitterにはどんどんお返事も返したい。
そんな風に思っています。




こんな風に取り上げて頂けるのも、幸せです。
おそらくこの動画からであろう視聴者の方から、
過去作品にもコメントを頂いたりしています。嬉しいし、幸せです。

ああ、続きもがんばろう!






こっそり『とのばな』の話。


昨年末に番外編3をUPしてから、ちょっと表立った動きがありません。
待って頂いている方には、ありがとうとごめんなさいを。

少し、色々平行してやっています。

もちろん、『とのばな』も製作中ですので、ご期待下さい。

次回はちょーっと新キャラが多め、の予定です。
暫定、3.5人くらい。
0.5人は、過去キャラの再登場です。ようやくフルネームが出る感じ。

みんな大事にしたいキャラなので、ちょっと構成練り上げています。
変にサプライズを狙った格好よりは、さらっと出す形になるかもしれません。

予想通りの人が2人と、全く予想外の人が1人、じゃないかなー。
そんな感じです。

今年も、どうぞよろしくお願いします。

テーマ : アイドルマスター
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

意見。

非公開コメント頂きました。

正直な話をすれば、ものすごい凹むコメントも頂きます。
ショックだとか、悲しいとか、絶望したとか、裏切られたとか。
罵詈雑言も頂きますし、それこそ通報レベルのコメントも頂いてます。

それを見て、もう動画作るのやめようと思うこともありますし、
完結させようなんて気力がカケラほども起きない事もありました。
でも、それをわざわざブログに書き散らしてもしょうがないので、
ブログではなるべく前向きな内容を書こうと思っています。

あなたの好きなものを馬鹿にするつもりで作品を作った事はありませんし、
もしあなたが過去にコメントをくれた方であれば、
それをないがしろにしたり、無かった事にするつもりもありません。

私が、誰かに「嫌だ」と言われる事を楽しみにしている人間なら、
もっともっとひどい内容でお話を作ってると思います。
現状より遥かに陰湿で悪趣味で、残酷で絶望的で、
見た人のほとんどに、嫌悪感しか残らないようなお話を。

何が嫌で、何に傷付いて、例えば何がどうなれば良かったのかを
示していただければ、もう少し具体的な返しもできると思います。
もちろん、何か議論に付き合えと強制している訳ではありません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

合掌。

> 結局「見る人によっては傷つく内容だから動画の説明文などで
> 注意を促して欲しい」という話は無かった事になったんですね

無かった事になった訳ではありません。
動画のネタバレにならず、誤解を与えず、現状を是とする方の興味を削がないまま、
傷つく可能性のある方に注意を促すような警告文が思いついていないのが現状です。

> ですが一部の人が傷つけられてしまって「この動画を見て傷ついた」と言うと、
> あなたの動画を好きな人たちが一斉に敵に回って叩き始めるんです
> 以前の私のコメントへのツイッターの反応をあなたも見たと思います

「見たと思います」というからには、余程近しい交流をさせて頂いていたのでしょうか。
「一斉に敵に回って叩き始める」という状況は、ちょっと思い出せません。
通常の意見交換や感想の述べ合い以上の、悪意あるツイートに曝された原因が
自分の作品であるというなら、その点について、大変申し訳ないと思います。

> いわゆるアンチはその辺の泥から自然発生したり
> 急にわいて出たりするのではなく、
> あなたの動画を見て傷ついた人間がアンチになるんですよ
> あなたが否定的なコメントを読んでへこむより前に、
> あなたの動画を見てへこまされた人たちなんです

この内容が事実だとすると、問題は警告文があるかないかという事ではなく、
件の動画を公開し続けている事がアンチを生んでいるという事ですね。
そこまでを楽しく見てしまった方の中には、警告文があっても、
あるいは警告文に気付かないまま、視聴してしまうかもしれません。
頂いたご意見が間違いなく、揺るぎないものだとしたら、私の選択肢は、

1:自分の動画でへこませた相手が否定的な意見を言ってもへこまない。
2:自分の動画でへこむ視聴者が生まれないよう非表示、または削除する。

の2つしかないように思われます。
これは、大変深刻な決断を要する内容なので、慎重に判断させて下さい。

もし、頂いたご意見に対して誤解や誤認があるようでしたら、ご指摘下さい。
コメントについて、公開設定でも構いません。真摯に受け止めたいと思っています。

検索フォーム

プロフィール

ガルシアP

Author:ガルシアP
◎レッガー=●カブキ=カブトワリ

twitterでは “ gar_cia_P ”。

SS書いてましたが、
動画も始めて3年経過。
こちら、デビュー作です。


360版からアイマス界に参加。
ゲームもCDも中の人達も、
ニコマスもSSも、大好き。

Web-:http://garciap.web.fc2.com/
mail:underkoverloverz◆gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ドミノ・ピザ最高!
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
アクセスカウンター
最新トラックバック