お祭参加:【第7次】 くろいたちの夜 【ウソm@s】




第七次ウソm@s開催決定!

こちらに参加して来ました。
公式発表で「今回は動画445本、静画41本(うち漫画3本)ものご投稿を頂きました!」との事。
すごいお祭りですねー。作品主体のお祭としては、参加者規模で、ニコマス最大なのかな。
(作品主体じゃなければ、たぶん、20選が最大参加者数になりますよね?)

そんなこんなで、10日ほど経ってますが、振り返り。



事の発端は、平蜘蛛さん、桜海さん、紀柳さんと東京でお会いして、
色々お話している中で「ウソm@s」の話になって、
暖めているネタや見たいネタについて話し合っている中で、
ふと思い付いたタイトルでした。

その後、色々とシナリオを考えて、現在の形に。

これは個人的な性格というか、習性みたいなものなんですが、
お話を中途半端に考える、という事が苦手です。
必ず、道中も、最後も考えてしまわないと気が済まない性分。

と、いう訳で、この『くろいたちの夜』も、
一応、ミステリ風のシナリオが一本分、出来上がっています。
現状、犯人と動機とトリックとミスリード複数が決まっていて、
このウソ第一話の中にも色々と仕込みがあるのですが……

そんなこんなで、一応、自分なりのウソm@s参加でした。


ちなみに、影絵は黒井社長以外、使い回しはありません。
基本的に『とのばな』の影絵はスタイリッシュに頭身が高いので、
この『くろいたちの夜』では、割とゲーム準拠のバランスです。

続きは、やる予定なし。
とりあえず、目標の 961再生を突破できたので、嬉しいです。
ご視聴頂いた皆様に、大きな感謝を!

テーマ : アイドルマスター
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

「真実は芸術と同じだ 見る者による」

>一応、ミステリ風のシナリオが一本分、出来上がっています。
一話完結予定だったのが、長編へと発展したとのばなとは対照的な作品ですね。

短編と長編でも作者によって向き不向きがあると思います。
短編を書き慣れている人がいざ長編を書くと尺と設定を持て余すことは非常によくある話ですし、
チャンドラーの長編は短編をつなぎ合わせて書かれたものと聞いたことがあります(シーン優先の作家だからでしょう)。
制作するセオリーが異なるとなると、気の毒なのは新人の少年漫画家です。
長編を描く権利を短編で勝ち取らなきゃならないわけですから。
もちろん長編を描くための準備はしているんでしょうが、それでもぶっつけ本番もいいところですよ。
ジャンプの新人にとってデビュー作が捨石も同然なのも当たり前のことだと思います。

逆に短編を読んでいて「この人は長編の方が向いてるんじゃないか」という感想を抱くこともあります。
世界観の割にオチがこじんまりとしすぎていてどうも拍子抜けしてしまうというか、
設定やキャラがストーリーの中でいかにも窮屈な印象を受けるというか(前者は長短以前の問題かもしれませんが)。
知識や情熱のある作者でもジャンルやスケールの相性で思わぬ躓きを経験してしまうケースは多いでしょう。
デビュー前の新人が自身の適性を自覚させてくれる担当に出会えることを祈りつつ。

検索フォーム

プロフィール

ガルシアP

Author:ガルシアP
◎レッガー=●カブキ=カブトワリ

twitterでは “ gar_cia_P ”。

SS書いてましたが、
動画も始めて3年経過。
こちら、デビュー作です。


360版からアイマス界に参加。
ゲームもCDも中の人達も、
ニコマスもSSも、大好き。

Web-:http://garciap.web.fc2.com/
mail:underkoverloverz◆gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ドミノ・ピザ最高!
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
アクセスカウンター
最新トラックバック