戦場に立つ二人と、悪意を笑う少女の話。の話。



【ネタバレ注意】
以下、色々書きますが、もちろん本編の内容に踏み込みますので、
ご視聴後にお読みいただけると幸いです。

コレ読まないと先が分からないとかって事はありません。オマケです。あとがきです。
将来的なネタバレ以外は本当に色々書いてしまうので、あしからず。

 

とりあえず、UPできてホッとしています。
お待たせいたしました。
待っててくださった皆様、本当にありがとうございます。

新PCになって、ディスプレイの解像度が高くなったのと、
紙クリのアップデートが重なって、
新しいレイアウトを試行錯誤したり、
音楽ファイルの変換・編集や動画のエンコード用のソフト類を
一から揃えたりと、環境整備の方にも手間取りました。

お話自体はずーっと頭の中で転がしていたのですが、
それでも、時間かかった分だけエピソードの組み立てが良くなってると思います。当社比。

ただ、この作者の悪い所で、「視聴者に全部、隅々まで理解してもらおう」という意思が
割と薄めなので、ご視聴いただいた方によっては「?」となるかもしれません。

それを補うのがこのブログなので、
ぜひ何か気になる点、不明な点あったらお寄せください。
そこ、しっかりフォローしようと思います。

とりあえず、この記事はまたちょこちょこ加筆していきます。
しばし、お付き合いください。

---------------------------------------------------------------------------
【IUエントリーの話。】

秋月涼と、戦う約束をした直後、冬馬は考えます。
「せっかくなら、山の頂きで決着をつけたい」と。

IUの仕様上、予選通過者が決勝トーナメントに進む際に
位置シャッフルがあるため、確実にはならないのですが、
それでも、桜井未来がNo,1なら、光を最終番にしよう、と考え、
そのために、エントリー締め切り当日の、受付時間ギリギリに提出します。

そんなアナログなw 持ち込み順てw  という笑いが聞こえてきそうですが、
この組織は半お役所なので、こんな感じです。

---------------------------------------------------------------------------
【美希と冬馬の話。】

この辺は、なんか、中学生の恋愛事情、みたいな空気です。
冬馬は美希に対して、明確にLOVEな訳ではないのですが、
距離感的に意識せざるを得ない相手です。

美希は美希で、以前語っていた通り、自身の恋愛感情は終わりなので、
冬馬に対しては仲の良い親友程度の感覚です。
ただ、タチが悪いことに、美希は自分が女性としての魅力を備えていて、
冬馬はそういうのに耐性が無い事を知っているので、
それを利用していい感じにからかってきます。

赤くなる冬馬を見て「かわいいー♪」みたいな感じです。

ちなみに第三者から見ると、
「お前らとっとと付き合えよ」みたいな感じです。

---------------------------------------------------------------------------
【伊集院北斗の話。】

今回、ある意味で「らしくない行動」をしている北斗さんですが、
黒井社長がおっしゃる通り、それにはそれをさせる理由があります。

光のデビューを妨げ、CDの売上を落とそうとした
何者かの悪意は、まだ終息していません。
それが今回、北斗に向いた格好です。

この作品が推理小説であれば、それをメインテーマに、
しっかりと掘り下げて、劇中で読者に伝えるのですが、
そこまでのネタではないので、
「分かる人には分かる、かもしれない」レベルの推理ゲームです。

美希の制服の件と、引っ越しの件を、
北斗の言動と絡めて考えていただけると分かりやすいかと思います。

美希は「ペンキ付けられた」と言っていました。
黒井社長は制服を「専門店」に持ち込むと言いました。
付着物は、B型の、人間の血液でした。

その後、北斗が「曲を変えたい」と言い始めた、という流れです。


---------------------------------------------------------------------------
【西園寺学園の話。】

この劇中に、西園寺プロダクションは現存しません。
東郷寺プロダクションに飲み込まれ、消滅しています。
スタッフや所属アイドルは散り散りになりました。
しかし、社長の西園寺美神は、東豪寺麗華の依頼で、
西園寺プロが立ち上げた学校法人の総責任者として残留。
学園にだけは、西園寺の名前を残すことを許されました。

この「許された」というのが現実を如実に表しています。
学校法人西園寺学園も、経営権的な所を突き詰めれば、
全て東郷寺プロダクションの子会社の位置にあります。
いくつかの手続きは必要でも、東豪寺麗華がその気になれば、
西園寺美神を学園長の地位から追い落とすことが可能です。

そんな不安定な立ち位置で、身分で、
それでも西園寺美神はアイドルを育てる道を選びます。

あらゆる世代に対し、学校の中で、正規の教育内容と重ね、
アイドルとして大成するための知識と技術、心構えを教え、
単位制として通学日程、時間を柔軟に組み替える事。
アイドル活動と学業の両立を再優先としながら、
意味のある学歴と学力を身につけさせる事。

西園寺美神は敗残の王であり、虜囚も同然ですが、
それでも胸を張り、後進の指導に全力を尽くしています。


で今回、そんな西園寺学園に、音無光が転校してきます。
これは優に誘われた光が母親に相談し、
プロデューサーにも相談し、みんなで考えての決断でした。

西園寺美神が「あなたのルームメイト」と言ったように、
音無光は寮から学校に通うこととなります。
そして、当面は2人一緒の相部屋。
ルームメイトは、東郷寺優華です。

何もない週末には家に帰りますので、
完全に独り立ち、という訳ではありません。
病院に入院してた頃に比べれば、選択肢も多く、
光自身、寂しいとか不安とかいうことは全くありません。


西園寺学園は、東郷寺プロのテリトリー、と言えます。
少し前であれば、961プロの誰かが反対したかもしれませんが、
今、光と優との関係性は良好ですし、
東郷寺プロの直接的な介入もありませんので、
今回の件に関しては、光の意思を尊重して、となりました。

---------------------------------------------------------------------------
【作詞家・星井美希の話。】

この辺、フォローした方がいいかな、候補です。

コメントの投稿

非公開コメント

戦場に立つ少女達のこと

UPお疲れ様です。
見たようなサムネに見たことないタイトルで、最初新作とは気が付きませんでしたw

今回はコメディや息抜きの要素を引き受ける美希の出番が少なく、どちらかといえばハードな(暗いとか重いとかいうわけではない)話の展開になってますが色々興味深い展開でしたね。
特に、最後の辺りのフランシーヌと某少女のやり取りですが、思わず「全くだ」と唸らされました。正当な勝者を不当にくさすことは取りも直さずその相手に負けた自分自身をも貶めるわけで。そんな相手をぐうの音も出ない論破。
こういう部分はなかなか書きにくいだろうによくぞと、私なら面倒で投げ出してしまいそうですw(余談ですが「同じ条件下でタイムや力強さ等を競う」スポーツじゃあるまいしドーピングって・・・っと感じる感想も想定内なんでしょうなあ)

北斗の話等も興味深いですが余計な予測を立てるより今後明かされるのを楽しみにしています。


御礼。

> rd 様

コメントありがとうございます。

> 見たようなサムネに見たことないタイトルで、最初新作とは気が付きませんでしたw

この辺りは問題かなーと思いつつ、今更どうしようもない所に来ているので、
せめて更新頻度をもう少しマシにしたいと思います。

> 今回はコメディや息抜きの要素を引き受ける美希の出番が少なく、
> (中略)話の展開になってますが色々興味深い展開でしたね。

今回に関して言うと、美希は優秀な事務員で、裏方でした。
あと、事件の当事者だけど、彼女だけがよく分かってないというのもあります。

> 特に、最後の辺りのフランシーヌと某少女のやり取りですが、
> 思わず「全くだ」と唸らされました。

あの辺りに関しては、もっと「しつこい会話」も書いたし、
もっとさらっと終わらす展開も書いたのですが、
結局その中間地点に落ち着きました。
フランシーヌを陰湿なキャラにはしたくないし、
あの子も、敗けたショックで失言した、という事にしておきましょう。

どのカードを明かすか

濃厚な時間をありがとうございました!

美神さんが杖だったり小鳥さんへ何を示したかなどを気にしつつ。
サイネリアが「彼女はダンス型」と言ったシーンには「とっておきのカードを明かしたとき」のようなゾクゾクした感覚が走りました。
その後のいちゃもんへのフランシーヌの返し。自分は876の血を感じましたが、フレちゃんの血と受けとった人もいたようでなかなか興味深いです。

【何者かの悪意】
(10話が2011年だったこともありまして)追補されるまでもう終わった話だと思っていました。
自分なりに考えて「『三条ともみが関係した事件』と繋がっている!?」とか、おかしな方向へ。

【関係性は良好】
ちゃちな脚本なら、光と優それぞれに「特別な友人」ができたことで関係をギクシャクさせそうですね。


自分の察しの悪さもありますが、作者の掌の上でいいように転がされている気がします。
今後も目は離せませんが、まず、ガルシアさんにとって悔いを残さないことを大事にしてください。

感謝。

> ぷっちゃ さん

いつもご視聴、応援ありがとうございます。


> サイネリアが「彼女はダンス型」と言ったシーンには
>「とっておきのカードを明かしたとき」のようなゾクゾクした感覚が走りました。

実はあの辺り、3回くらい作り直しています。
「義足なのにダンス型!?」ってのが今回の要です。
上手く出せてたら、御の字。

> 【何者かの悪意】
> (10話が2011年だったこともありまして)追補されるまでもう終わった話だと思っていました。
> 自分なりに考えて「『三条ともみが関係した事件』と繋がっている!?」とか、おかしな方向へ。

この辺は、次回色々明らかになる予定です。
今回の事と、過去の事と。
乞うご期待。

> ちゃちな脚本なら、光と優それぞれに「特別な友人」が
> できたことで関係をギクシャクさせそうですね。

正直、この世界では、光と優の間に割って入れる人間いないので、
二択迫られたら即答で優を取ります。光ちゃん。そこは鉄板。

> 今後も目は離せませんが、まず、ガルシアさんにとって
> 悔いを残さないことを大事にしてください。

一番悔いが残るであろう事が、更新停止&未完なので、
しっかり続けていきたいと思います。
モチベーション保つためにも、皆様の声援頂けるうちに
次をUP、したい。しよう。するぞ。します。

「今ではこの右半身はオレの誇りだ 治す気もない」

ジェイミー・アンドリュー氏の偉業と重なってタイムリーな内容でした。
キャラクターのそれまでのドラマが一つの言動に集約される場面はグッと来ますけど、
過去に挫折と再起を経験していることがわかるキャラは大好きです。

こういうキャラクターは過去の経験以上にそのキャラが経験から何を見出したかという人生観が浮かび上がるシーンが強く印象に残ります。
ブラック・ジャックが「私もその一人だ」と言ったシーンは特に好きです。
過去のノベマスでもアイドルの道を断たれてプロデューサーとして再起した物語もあり、
こういったジャンルには弱いです。

フランシーヌは障害をものともせず、逆に自分の武器にしてみせたヒロイックなキャラですね。
「足を切り落とせばいい」という発言はサイバーパンクとかだったら本当にやるキャラがいそうだと思ったのは内緒です(X-MENのケーブルとか好きです)。
光はやはりこのタイプのキャラと互いに惹かれあうものがありそうですね。

歓迎。

> レト さま


> ジェイミー・アンドリュー氏の偉業と重なってタイムリーな内容でした。

登山では、本当に情熱と根性が必要だと思います。
オリンピック・パラリンピック関係でも、
色々な方が発言してましたね。
2024くらいには、短距離走などスゴイことになるとか。
外観などでは、3Dプリンタ等の発達から、
色々と素敵なデザインも増えているようで、
義肢もどんどん、色々な形で日常化していくのだと思います。

> キャラクターのそれまでのドラマが一つの言動に集約される場面はグッと来ますけど、
> 過去に挫折と再起を経験していることがわかるキャラは大好きです。
  (中略)
> こういったジャンルには弱いです。

いいですよね。挫折からの再起。
この世界だと、ジュピターは315プロにしょぞくしていないので、
アイドルとしての2度目の成功は経験していません。
その意味では、プロデューサーもそういう立場かも。

> フランシーヌは障害をものともせず、逆に自分の武器にしてみせたヒロイックなキャラですね。

フランシーヌの性格付けや発言内容は、かなり色々考えました。
結果的には多くの方に、好意的に受け止めて頂けたようでホッとしています。

> 光はやはりこのタイプのキャラと互いに惹かれあうものがありそうですね。

光はもう、挫折どころじゃない人生でしたから、
そういう意味では、みんなも光の事を認めてくれる、
というだけの強さと優しさを持っているので、
そこが「見える」人とは、仲良くなりやすいのだと思います。

光と優とフランシーヌで、パフェでも食べに行かせたいですねー。
この3人揃うと、961、東郷寺、876になるのか……。

「テクニカル(道具)・ドーピング」

本作と似たようなクレームを受けてマルクス・レーム選手が五輪への出場を断念していたらしいですね。
実際に彼はパラリンピックで五輪の金メダリストに迫る記録を叩き出しました。
http://www.dailyshincho.jp/article/2016/09141300/?all=1
http://www.nikkansports.com/sports/column/hyakkei/news/1711917.html

作中ではあくまで覚悟の足りない小物が負け惜しみを言ったに過ぎないわけですが、
現実の競技となるとやはり問題になるようで(公平性は永遠のテーマですからね)。
「本当に切る人も出てくる」というのもサイバーパンクだけの話ではないようです。

あの少女も言葉ではなく実際に行動で返せば噛ませ犬ではなく、ライバルになれたかもしれません(読者の大半はドン引きするでしょうが)。
流石にそれは極端だとしても、似たような傷を負うことで色んな意味で対等の存在になるというストーリーはありますし。

検索フォーム

プロフィール

ガルシアP

Author:ガルシアP
◎レッガー=●カブキ=カブトワリ

twitterでは “ gar_cia_P ”。

SS書いてましたが、
動画も始めて3年経過。
こちら、デビュー作です。


360版からアイマス界に参加。
ゲームもCDも中の人達も、
ニコマスもSSも、大好き。

Web-:http://garciap.web.fc2.com/
mail:underkoverloverz◆gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ドミノ・ピザ最高!
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
アクセスカウンター
最新トラックバック