スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『企画』01 『@ClubNights』02


第一話 『霧の中、夢の中』


 11月21日、土曜日。
 打ち合わせ予定時刻の17時を過ぎても、プロデューサーはまだ来ない。
 何やってるんだろう、あの人は……。
 最近ではいい加減な所も減ってきて、少しは目標にしてもいいかな、とも思っていたのに。

 壁の時計は17:20。
 あぁ、もう。やっぱり経費でノートPCを申請しよう。
 そうすれば会議室でも事務仕事ができるし、スタジオやロケでも持ち歩ける。
 セキュリティ上の問題はいくつかあるけれど、それ以上に業務効率は上がるはずだ。
 こうやって、待たされている間だって――
「悪い、律子! 少し遅れた」
 両手いっぱいに荷物を持って駆け込んできたプロデューサーの顔は汗まみれで、
ぜぇぜぇと肩を上下させる姿を見せ付けられては、あまりきつく叱るのも悪い気がする。
「とりあえず、遅れた理由はキッチリうかがいますから、そのつもりで」
 少しぬるくなってしまったコーヒーを差し出すと、サンキュと言って一息で飲み干してしまう。
 おお、またコーヒーの淹れ方が上手くなったな! と笑うプロデューサーに対して、
今日は豆の買い置きが切れていたからインスタントだ、と告げるべきかどうか一瞬悩む。
 まったく、違いの判らないプロデューサー殿だこと。

「クラブナイト、ですか?」
 それは初めて聞くイベント名だった。私に、出演依頼が来ているらしい。
「具体的に、どんなイベントなんですか?」
「それは、まだ秘密だ」
 プロデューサーは腕を組み、いかにも訳知り顔でニヤリと笑う。
「えっと……、イベントのターゲットは? 他の出演者は? トークメイン? 歌メイン?」
「全部秘密だ。ああ、いや、歌メイン、って所は間違いないけど、あとは秘密」
「収録じゃなくて、ステージなんですよね?」
「ステージ、と、生中継に近いかな」 
 一瞬、プロデューサーが目を逸らす。
 きっと、プロデューサーはかなりの部分を知っているのだ。
 それでも、私に教えようとしないのは、なぜなんだろう?
「いつ?」
「ん?」
「本番はいつなんですか?」
「まぁ待て。律子。こっちの話も聞いてくれ。なんでこんな風に、『秘密』を連呼すると思う?」
 妙に真剣なプロデューサーの顔に、少し冷静さを取り戻す。自分用のコーヒーを一口。
「何か、後ろめたい事があるとか、ツッコまれたくない事があるからじゃないですか?」
 ガクッという効果音が見えそうな昭和のコケかたをするプロデューサーに、少し笑ってしまった。
「だって、水着でライブハウスとか、訳分からない仕事取ってくるじゃないですか。たまに」
 まぁ、そんな事もあったなぁ、と、とぼけるプロデューサーの額にデコピン。
「あうッツ」
「前置きはいいから、言いたい事を言ってください」
 大げさに額をさすりながら、それでもプロデューサーらしい顔を作って、口を開いた。

「今までとは、少し違う種類のイベントになるかもしれないんだ」
「要領を得ませんが」
「端的に言えば、律子が、というかアイドルが主役ではないかもしれない」
「だーかーら、具体的に」
「いや、なんと言えばいいのかなぁ」
 プロデューサーはプロデューサーで必死に何かを伝えようとしているのだが、上手くいかないらしい。
 ……そんなに特殊な仕事なんだろうか。
 それならそれで、面白そうだ。もしファン獲得や知名度UPに繋がらなくても、良い経験と割り切れる。
「じゃ、質問を変えます」
 おそらくプロデューサーはもう少し情報を持っているのだが、言えない理由か約束があるのだろう。
 多少、嗜好性に怪しい点はあるものの、私をここまで引っ張り上げた手腕は、間違いない人だ。
「プロデューサーは、今回の仕事、私で務まると思いますか?」
「もちろん、務まる。向いてると思うぞ」
「プロデューサーは、今回の仕事、私にやらせたいですか?」
「もちろん。これを成功させたら、歌い手としての幅も広がるはずだ!」
 腕を組み、人差し指を頬に当てる。視線を上に向け、一考。
 ゴクリ、と、緊張した面持ちのプロデューサーが、一度喉を湿らせた。
 ――ちょっと面白そうに思えてきた。

「分かりました。秋月律子、その秘密のお仕事、やってみます」
「そうか! ありがとう、律子! 大丈夫、俺も全面的にサポートするぞ!!」
 私の両手をとり、ブンブンと上下に振るプロデューサーの笑顔が、なんだか泣き顔みたいに見える。
 そんなに喜ばなくてもいいのに。まったく、子供じゃあるまいし。
 ……子供、じゃあるまいし。
「そういえば、プロデューサー。今回の遅刻の理由、聞いてませんよ!」
 あ、と動きを止め、手を離したプロデューサーは、大量の荷物の中から1つの筒を取り出した。
「実は、企画元から連絡があって、この仕事のポスターが刷り上ったっていうから、貰ってきたんだ」
 そういって、嬉しそうな笑顔で筒からポスターを取り出した。
「このポスター、『律子バージョン』なんだぞ! 他も何パターンかあるらしいんだけど――」
「ちょっと、なんで私がOKする前に私のバージョンができてるんで――」

1024Ritsuko_s.jpg

「12月4日ああぁぁ!?」
 ポスターには、間違いなくそう書いてあった。
「あと2週間切ってるじゃないですかぁ!!」
「いやー、律子がやる気になってくれて良かったよ。うん、大丈夫。イケるって!」
「こぉの能天気プロデューサー! そこ正座ぁぁっ!」

                                                           【続く】


                                   第二話 『子守唄のように』(前編)
                                   第二話 『子守唄のように』(後編)
                                   第三話 『その歌は、夜を纏いて』
『@Club Nights』公式サイト
clubnights

テーマ : アイドルマスター
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

ガルシアP

Author:ガルシアP
◎レッガー=●カブキ=カブトワリ

twitterでは “ gar_cia_P ”。

SS書いてましたが、
動画も始めて3年経過。
こちら、デビュー作です。


360版からアイマス界に参加。
ゲームもCDも中の人達も、
ニコマスもSSも、大好き。

Web-:http://garciap.web.fc2.com/
mail:underkoverloverz◆gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ドミノ・ピザ最高!
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
アクセスカウンター
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。