『企画』01 『@ClubNights』03


第二話 『子守唄のように』(前編)


 765プロを出て、既に20分ほどが経っていた。
 11月25日。水曜日。首都高。
 プロデューサーがハンドルを握るその車中で、律子は新しい情報を聞かされていた。

「なんでそういう事を隠しておくんですか。プロデューサーは……」
 当日の、共演者の名を聞いた。自分が歌う、曲名を聞いた。
 前者はほぼ予想通りであり、後者は全くの予想外だった。
「先に聞いていたら、辞退しかねない、と思ったから伏せていた」
「じゃあ質問を変えます。なんで今、このタイミングで明かすんですか?」
「一度受けた仕事をキャンセルできるほど無責任じゃないと知ってるから、明かした」
 主語は無いが、無論、律子の事だ。
 ――確かに、事前に聞いていたら、断ったかもしれないなぁ。
 少なくとも、『考えさせてください』とは言っただろう、と律子は思った。

 夜。BGMとしての歌。クラブという未知の会場――。

 765プロには多くのアイドルがいる。
 みんな個性的であり、それぞれに魅力と持ち味を持っている。
 今回の企画と他の参加者を照らし合わせた時、それぞれが適任に思えた。
 それは、例えば洗練された歌唱力であり、大人の色香であり、品のある社交性だ。
 じゃあ、自分の持ち味が今回の企画に合うのかといえば、それは疑問だった。
 ましてや、歌う予定の歌が――。
 企画の趣旨を聞いた時、間違いなく千早は出るのだろうと思った。
 が、まさか、自分が千早の前で……

「自分は場違いだ、みたいに思ってるのか?」
「当たらずとも遠からず、ってとこですね。何で私が、という気はします」
「大丈夫」
 視線をまっすぐ前に向けたまま、プロデューサーが呟いた。
「大丈夫、って何がですか? 何の根拠も無しに、そんな事言わないで下さい」
「根拠なら、ある」
「……聞かせて下さい。そこまで言うなら」
 律子の目に映る、妙に自信ありげなプロデューサーの横顔。顎の裏の剃り残し。
 ついそれを引っ張り、注意したくなる気持ちを抑えて、律子は先を促した。
「765プロのアイドル達は、みんな『プロのアイドル』だ。でもな――」
 プロデューサーが、ほんの一瞬だけ律子の目を見て言った。
「律子は、『アイドルのプロ』なんだ」
 視線を戻したプロデューサーの、妙に晴れやかな笑顔に、少しだけ救われた気がした。
「もっともらしい事を言えば深読みしてくれるだろう、なんて甘いですよ。プロデューサー殿」
 ――こうまで自分を信じてくれるプロデューサーの期待には、応えないとダメよね。
 さて、目的地まで、あと10分くらいかな、と、プロデューサーが話題を変えた。
 2人は、会場となる、古いクラブへと向かっていた。

 古くから、外国人も多く住むその街の一画に、舞台となる店があった。
 昭和、もしかしたらもっと古いのではないか、と錯覚するような重厚な店構えは、
それでも存在感を主張しすぎる事無く、街の夜に溶け込んでいた。
「……なんか、緊張しますね」
 ライブハウスやホールとは根本的に違う。場違い、という印象も決して間違いではない。
「今日は休業日らしいから、ご挨拶と会場の下見だ」
 真鍮の重いドアノブを押し、2人は店の中へと入った。

                                                           【続く】

                                         第二話 『子守唄のように』(後編)



1024Ritsuko_s.jpg

※このストーリーは企画の公式ストーリーではなく、当ブログでのイメージSSです。
  また、他のブログに掲載されるSSと設定等で差異があります。ご了承下さい。




clubnights
○公式サイトに情報が続々追加中です。ぜひ一度、ご訪問下さい。
 

テーマ : アイドルマスター
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ブログ御来訪どもですー。

SS力作ですね。これは続きが早く読みたいです。
こういうの良いのを拝見すると、うっかり欲が出て自分のSSも
もうちょっと手を加えたくなるんですよねーw。(墓穴)
続き、楽しみにしております!。

御礼。

wingeddeathさん

いらっしゃいませ。
なんとなく正統レビュー組、ネタ半分組、SS組と割れてますよね。
同じ動画をどう伝えるか、色々あって面白いなぁ、と思います。
次話以降、音楽の内容やアレンジの雰囲気に触れていく予定です。
wingeddeathさんのSS続編も、ぜひ。

検索フォーム

プロフィール

ガルシアP

Author:ガルシアP
◎レッガー=●カブキ=カブトワリ

twitterでは “ gar_cia_P ”。

SS書いてましたが、
動画も始めて3年経過。
こちら、デビュー作です。


360版からアイマス界に参加。
ゲームもCDも中の人達も、
ニコマスもSSも、大好き。

Web-:http://garciap.web.fc2.com/
mail:underkoverloverz◆gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ドミノ・ピザ最高!
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
アクセスカウンター
最新トラックバック