『アイドル』01 秋月律子 [Ritsuko Akizuki]

律子壁紙A 律子壁紙B

秋月律子 [Ritsuko Akizuki]



そうです私が 秋月律子 眼鏡でおさげで事務員兼任
事務所のみんなに毎日ツッコミ 世話が焼けるわ 本当にもう!
(『団結』 ビューティフル塊魂・サウンドトラックより)

まず最初に「そうです私が」というフレーズが来ているので、
なんとなく自分に自信がある、という印象でしょうか。
ある程度の知名度がある、あるいは知られていて当然、
という前提の歌い出しです。

では、律子が自信家か、うぬぼれ屋か、というと実は真逆で、
自分自身を過小評価する傾向がとても強いアイドルです。
事あるごとに「私なんて」「どうせ」という言葉を口にします。
事実、団結の歌詞でも「私の事は知ってますよね?」という
フレーズに続く言葉が、『眼鏡でおさげで事務員兼任』です。
決して“アイドルとして有名な私”、ではなく、
“地味で華がない(事で有名な)私”、という自己紹介が続きます。

ここいら辺りが実に彼女らしい所だなぁ、と思うわけです。
公式でも趣味が「分析」とありますが、大抵の物事を理詰めで考えます。
何かをする前に勝敗や有利不利、効率を考え、結果を予測する。
無駄を嫌う。意味があるなら、とことん努力する。そんな性格です。
初期のプロフィールでは自分自身の事を「マニアック」と評していますが、
それも自分のルックスやスタイルを考えると他の正統派アイドルには及ばない、
だから変化球で攻めよう、という彼女なりの分析に基づいた戦略だったりします。

で、ここが律子の『面白い』所だと思いますが、
基本的に、彼女の『分析』はとても冷静で客観的なのです。
ただ、こと自分の事になると過小評価する傾向がとても強く、
実際には765プロで1、2を争うスタイルの良さなのに、
そんな自分を「ずん胴」と表現してしまいます。
(現在は貴音、響が合流したので1、2という言い方はできませんか?)

また、初期パラメーターで言うと、
Voでは圧倒的一位の如月千早(37pt)に次いで第二位(25pt)ですし、
Viはトップが水瀬伊織(33pt)に次いで、第二位が律子と三浦あずさ(21pt)。
Daに至っては菊地真(19pt)を上回る第一位(23pt)だったりします。
全アイドルのパラメーターを個別に比較した場合、
30ptを超えるのは千早のVoと伊織のViだけです。
そこで言えば、律子に突出した能力は無いのかもしれませんが、
逆に全てのパラメーターが20ptを超えているのは律子だけです。
(減衰とかテンション管理とか、その辺はごっそり無視してます)

様々な面で、決して他のアイドルに引けを取らないレベルの律子ですが、
ではなぜそんなに、正統派を避けるのでしょうか。王道を諦めるのでしょうか。

コミュニケーション(営業)の中のある回で、こんな言葉を口にします。
「オーディションを潜り抜けてきた子たちに比べると、歌とかダンスとか、やっぱ苦手だし」

ここから分かることはいくつかあるのですが、
とりあえず765プロ所属のアイドルはオーディションで勝ち残って候補生となる事が多く、
その一方で、律子はオーディションを受けていない、という事です。
元々裏方志望で765プロのアルバイトとなり、「人手不足」を理由に、
なし崩し的にアイドル候補生となった、というのが公式設定なので、
なんとなく引け目を感じているのかもしれません。

割と自分自身に見切りをつけてしまって、線を引いてしまう癖があるので、
プロデューサーの仕事は彼女の引いたラインを少し押し上げてやる事です。
ただ、安易に「いや、お前は充分可愛い」とか「やればできる」とか言うと、
かなり強烈な反論を受ける事になるので、そこは慎重に。

秋月律子はアイドルとして、決して可愛げのあるタイプではありません。
18歳という年齢も、とても難しい年頃ですよね。
律子は色々と夢を持っています。
それが、まだ難しい事、一人では成し得ない事も知っています。
そんな時、隣に立ったプロデューサーが何を教え、何を伝えるのか。
どこへ導き、どう決断するのか。

律子とプロデューサーは、上下関係ではなく、
お互いを認め合う、信頼関係で結ばれて欲しいと、切に願います。


- - - >8 - - - キリトリ - - - >8 - - - キリトリ - - - >8 - - -


よくニコマス界隈では『覚醒律子』という言葉が使われます。
大きく言うと、「『眼鏡でおさげ』から外れた律子」という意味合いです。
古典的な漫画から、比較的最近のアニメまで、
「普段野暮ったい眼鏡の女の子が、眼鏡を取ったら実は美人だった!」
というお約束展開がある訳なのですが、
アイドルマスターに登場する秋月律子は眼鏡を取りません。
もしかして眼鏡を取れば、あるいは髪型を変えれば、もっと人気が?
というコミュニケーションも実際にはあるのですが、
結論としては、今の律子を大切にしよう、
今の律子を好きと言ってくれるファンのみんなを大切にしよう、
という方向で落ち着くのが基本形です。

律子の「このままでいい」「これが本当の私だから変えたくない」
という“自分を変えたくない気持ち”は、裏を返せば、
「こんな私を認めてくれる人が、いつか現れるはず」という、
律子の女の子らしい願いの現れでもあると思います。

この辺りは、実際にプロデュースすると強く感じる内容なので、
「覚醒律子カワイイ!」「眼鏡イラネ!」という方には、ぜひ、
律子をじっくりプロデュースしてみて欲しいなぁと思います。

そしたら、『いっぱいいっぱい』のラストで、
「大好きー!!」と叫べるようになるはずだから。ええ、きっと。


-----------------------------------------------------
画像には、えこPの『M@STER FONTS』をお借りしました。感謝。
アイドルマスター っぽいフォントを作ってみた M@STER FONTS PV

テーマ : アイドルマスター
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

ガルシアP

Author:ガルシアP
◎レッガー=●カブキ=カブトワリ

twitterでは “ gar_cia_P ”。

SS書いてましたが、
動画も始めて3年経過。
こちら、デビュー作です。


360版からアイマス界に参加。
ゲームもCDも中の人達も、
ニコマスもSSも、大好き。

Web-:http://garciap.web.fc2.com/
mail:underkoverloverz◆gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ドミノ・ピザ最高!
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
アクセスカウンター
最新トラックバック