トーキョーN◎VAは面白い。

『TRPG』というゲームがあります。
コンピューターを介さず、全ての判定をサイコロ(ダイス)等で行い、
4人~6人くらいで集まって1人が1キャラを演じて遊ぶアナログなゲームです。


最近ではニコマスでも、【卓m@s】の一ジャンルとして動画が増えていますね。


このブログを書いているガルシアという人も、TRPGが大好きです。
元々はTRPGのマスターをやっていて、シナリオを作ったりリプレイを小説化したりしてました。


で、色々なルールをやってはいるのですが、表題の『トーキョーN◎VA』はとても面白かったです。


『トーキョーN◎VA』は大規模な地殻変動が起き、異常気象に覆われた世界が舞台です。
世界全体が壊滅的な被害を受ける中、日本は強力な科学技術で被害を免れ、
異常気象、食糧危機、エネルギー問題を全て自国で解決する体制を築き、鎖国に入ります。
その日本が外交的な出島として、東京湾に作った人工の街が『トーキョーN◎VA』です。

人の手で作られた人工の楽園、欲望の深淵を舞台に、様々な人間の意志と組織の理論が交錯する、
そんなTRPGです。
世界観としては色々なものを内包していますが、『攻殻機動隊』とか近い感じ。


最新の版は触っていないので、実際に遊んだルールとしては少し昔のルールなんですが、
今でも根本的な所は変わっていません。色々と革新的で、スタイリッシュでした。

他のゲームとのシステム的な違いはいくつかありますが、簡単に3つ挙げます。


1:職業選択が熱い!


N◎VAでは、キャラクターの職業を、タロットの大アルカナに対応した22種類(+4)から3つ選びます。
同じもの3つでもOK。2つ+1つでも、全部バラバラでもOKです。
細かく言えば、職業であり、生き様、主義でもあるので、ゲーム中は『スタイル』と呼びます。

私のハンドルネームの『ガルシア』は、元々、『トーキョーN◎VA』で作ったキャラクターの名前で、
右柱のプロフィールの【◎レッガー=●カブキ=カブトワリ】が、『トーキョーN◎VA』の職業表記。

『ガルシア』の場合を例に挙げると――、
【悪魔】相当の【レッガー】=ヤクザとかマフィアとか、非合法な恐いお兄さん系の職業です。
【愚者】相当の【カブキ】=アーティスト、ダンサー、コメディアンなど、芸能系のお仕事の職業です。
【塔】相当の【カブトワリ】=ガンマン、スナイパーなど銃火器を使う遠距離攻撃の専門職です。

3つ選んだら、[◎ペルソナ]と[●キー]を決めます。
[◎ペルソナ]は主に外見を表します。他人からどう見えるか。
ガルシアの場合は白いスーツ、白いハット、口ひげ、葉巻、スペイン系イタリア人というキャラです。
[●キー]は、性格や本質的な動き方、ものの考え方を表します。
ガルシアは目立ちたがり屋で、人の注目を浴びたくて、後先考えない刹那的・享楽的なキャラです。



2:【神業】が熱い!


上記の職業【スタイル】に対応して、【神業】というものが設定されています。
これは基本的にあらゆる判定の上位に位置し、ここぞという時に使える切り札です。
1キャラが【スタイル】を3つ持っているので、1キャラは3回【神業】が使えます。

例えば【力】相当のスタイル【カタナ】の神業は≪ダンスマカブル:死の舞踏≫です。
効果は「相手は死ぬ」です。
いや、冗談ではなく。本当にそういう効果なんです。基本的には、近接戦闘武器で叩っ切るんですが、
細かな表現は使った人に一任されます。【神業】を宣言して、カッコ良く使いましょう。

で、神業はあらゆる判定の上位なので、受けるとか、かわすとか不可能です。
じゃあ、敵に狙われたらどうするか?
こちらも【神業】で対抗する事になります。
一番正しい防ぎ方は、【皇帝】相当の【カブト】が使う≪インヴァルネラブル:難攻不落≫。
これは、「敵のどんな攻撃も、1度だけ防ぐ」という神業です。

ちなみに【神業】は戦闘に関する物ばかりではなく、
例えば【運命の輪】相当のスタイル【エグゼク】は企業重役や組織幹部を表すスタイルですが、
このスタイルの【神業】は≪M&A:買収≫です。金の力で、買えるものは何でも買えます。
情報が欲しければ、腕利きの探偵を抱えている探偵社でも、スーパーハッカーのいる調査会社でも買えばいい。
ちなみに【カブキ】の【神業】は≪チャイ:無効≫です。
誰かが何かをした瞬間、それを謎の幸運で「失敗させる」という神業。
敵の剣が喉元に向かってきても、滑った剣がすっぽ抜けて命拾い、とか、
落ちてる小銭を拾おうとしてしゃがんだら、銃弾が頭の上を掠めて「あっぶねー!」とか。

【カブトワリ】の神業は≪クー・デ・グラ:とどめの一撃≫。
【カタナ】の神業が手持ち武器による即死技なのに対し、飛び道具による即死技を放ちます。ゴルゴ。

こんなのを見ているだけでも色々と妄想が膨らむので、もしお時間あれば下記をどうぞ!

wikipedia - トーキョーN◎VA スタイル一覧



3:判定のシステムが熱い!


通常のTRPGは、成功か失敗かの判定をサイコロ(ダイス)で行います。
よく使われる10面体ダイスなら、1が出る確率も10が出る確率も等しく1/10です。
ですが、『トーキョーN◎VA』の判定は、トランプを使います。
それも、判定ごとに、複数枚もっている手札の中から1枚を選択して出します。

基本的には、数字が大きい方が強いです。小さいと、失敗しやすいし、大きいと成功しやすい。
絵札は強いですし、Aはそれよりさらに強いです。

で、これで何が起きるかというと、
ダイスと違って、ある程度の成功と失敗を自分でコントロールできるのです!
強い手札を切り札として取っておいて、ここぞという所で使うのは基本。
でも、色々な見せ場の作り方はある訳で。

例えば、とある女性を守るボディーガード役をやっている時に、
判定成功なら女性を守りつつ、自分もノーダメージで助かります、というシーン。
事前の察知で相手の銃弾なら、女性はともかく、自分は即死しない、と分かっていたら、
あえて惜しい所で失敗するカードを判定に使い、女性は無傷だけど自分は銃弾を受けてしまう!

ちょっとカッコ良い! そして微笑むのさ。
「ああ、キミが無事なら、それでいいんだ」

まぁ、それを女性がカッコ良いと取るか、どんくさいボディーガードで不安だわ、と思うかは、
マスター(N◎VAではルーラーと呼びます)の判断と、前後のストーリー次第ですが。

ともかく、そういう選択肢がプレイヤーの手の中にある、というのがとても熱いのです。






と、ここまで書いてからwikipediaを頭からザッと見た。む。全部説明書いてあるじゃないの。
……こっちに誘導すれば良かったんじゃね? と思いつつ、
それでも、読んでくれた方、ありがとうございます。

さぁ、これでおおよその予習はできたはず。
ぜひ、貴方もトーキョーN◎VAの住人になって下さい。



 かくて運命の扉は開かれた……


テーマ : アイドルマスター
ジャンル : ゲーム

ゲーム色々01 エルミナージュ2/その6

この記事のカテゴリーが果たしてアイドルマスターでいいのか?
という疑問は、初回からずっと感じていたさ!
でも、結構「エルミナージュ」関連で検索してこのブログに来てくださる方が多いので、
現状をここに記載しようかと思います。画像多め。

エルミナージュ2をやってない方には全く興味ないと思うので格納します。
でも、この記事見て面白そう、と思ってもらえたらそれはそれで嬉しいです。
 

続きを読む

テーマ : アイドルマスター
ジャンル : ゲーム

ぜひ見て欲しい『ぐるm@s食材紀行』。


 

ぐるm@s食材紀行 作:鼎Pさん

かつて開催した『ぐるm@s!』動画祭にて、ノベマスP生活をスタートして頂いたPさんですが、
P名も決まり、そしてシリーズとして3作、作成して頂きました。

このシリーズは、NHKの『ヨーロッパ食材紀行』という番組をベースに、
876プロの愛ちゃんと涼さんがヨーロッパのある国を訪れ、
その国の名物食材の流通と、その食材を使った料理を体験リポートする、というスタイルのノベマスです。

一生懸命リポートする涼に対し、マイペースで、しかし恐ろしい知識量で場を回す愛ちゃん。
この2人の掛け合いがとても面白いです。

しかし。
事実は小説よりも奇なり、と申します。

やはりこの動画の真骨頂は、実際の食材の収穫や調理のシーンですね。
日本にいては、到底触れる事のできない料理の数々。
そしてそれらは、その国の歴史や気候、文化と密接に関係している訳で、
世界の広さ(と日本の料理の素晴らしさ)を実感させてくれる事でしょう。
※特にイギリスな!


10分少々で、割とじっくり進むノベマスです。
人によっては、まどろっこしいと感じてしまうかもしれませんが、
残暑厳しいこの9月。
お気に入りの飲み物を片手に、少しゆっくりした時間を、
この動画を見ながら過ごすのはいかがでしょうか?

ムール貝とジャガイモは、本当に美味しそうですよ!
※ウナギはノーコメントな!

しっかりした丁寧な作りのノベマスでございます。
教養講座と旅m@sの要素も含んだ、実に風情ある作品です。



さて、この鼎Pさんなんですが、
現状、ブログやtwitterアカウントを発見できておりません。

なんとか連絡を取り、『ぐるm@s!』の企画サイトから動画へのリンクを張っても良いか、
確認を取りたいなぁ、なんて考えているんですが……
うっかりこのブログを見に来て頂けやしないものでしょうか。



お客様ー! お客様の中に『ヨーロッパ食材紀行』でノベマスを作っていらっしゃる方はいませんかー!?

テーマ : アイドルマスター
ジャンル : ゲーム

ぜひ見て欲しい『水瀬伊織の食卓』。

ポッカリと時間の空いた夜、お気に入りのコーヒーか紅茶、お酒と一緒に、
ちょっと贅沢に時間を使って欲しい作品です。




 

『水瀬伊織の食卓』 作:モテナシ・マリーナPさん

エースコンバット動画を作っていたはずが、出来上がったのがこの作品という、
ポルナレフもビックリな初ノベマス、しかもシリーズ物です。
最初はP名未定だったのですが、この度、確定されたそうで、おめでとうございます。

このシリーズはタイトル通り、完全に水瀬伊織が主人公です。
そして、第一話は、大きな世界設定、背景、そして人間関係をメインに展開します。
スタート直後の水瀬家晩餐会のシーンは、元ネタが分かる人と分からない人で評価が割れる、かも。
私も「あの辺かなぁ?」くらいしか分からなかったので、コメントの盛り上がりには付いて行けませんでした。
ただ、そこはあくまで雰囲気で楽しめばOKです。
晩餐会に、明らかに気乗りしていない伊織とそれを気にかける家中の者達、という構図を感じ取りましょう。
第一話後編では、765プロの面々と伊織の関係性が描かれています。
伊織とやよいはデビューしたてのデュオ。春香と千早には新しい大きな仕事の話が。
いくつかの火種が見え隠れし、そして、あずさが――。

背景画像やBGMの選択も、とても良い雰囲気です。
少し長いかな、と思われるかもしれませんが、ぜひ落ち着いた夜にご視聴下さい。
個人的には第二話での某料理人さんがとても粋で、カッコイイです。

第二話では、春香と千早のデュオに問題にが起きます。
このシリーズの伊織は高圧的でも、頭脳明晰でもありません。
ちょっと意地っ張りな、それでもみんなと仲良くしたいと思っている女の子です。
その頑張りを、ぜひ見てやって下さい。

テーマ : アイドルマスター
ジャンル : ゲーム

ぜひ見て欲しい『たるき亭営業日誌』。

このブログにお越し頂いている皆様は既にご覧になっているかもしれませんが、
もし、「ああ、ちらっとサムネは見たけど、中は見てないなぁ」という事がありましたら、
ぜひ次の休日に、冷たい麦茶かジュース片手に見て頂きたい動画をご紹介します。
付いているコメントも雰囲気をお伝えする手がかりになると思うので、こんな形式で。


 
 


『たるき亭営業日誌』 作:ニゴリPさん

ことごとく【ノベマスの良心】タグを獲得しているこのシリーズですが、大賛成です。
各話ごと、個別に色々と語りたい気持ちで胸いっぱいなのですが、
うっかりネタバレしてしまったり、初めて読む人の楽しみを奪うといけないので我慢します。

シリーズの共通点として、雑居ビル(Lv1事務所)の765プロの下にある、
『たるき亭』の店主が主役を務めます。店主の一人称ストーリー。
そして、毎回、765プロのアイドルのうちの誰かが、店を訪れる所から物語がスタートします。
プロデューサーや小鳥さんの前のアイドル達。TVやPVの中やステージ上のアイドル達。
そのどちらでもないアイドル達が、店主の前でこっそり見せる素顔と、そっと打ち明ける悩み。

主人は説教する事もなく、腫れ物に触るような態度でもなく、
ただまっすぐ、誠実に答え、あるいはそっと違う視点での見方を提案してみます。
Pでもアイドルでもない、あくまで一般人の、でも、顔なじみの店主の声――。
押し付けがましくなく、恩着せがましくもなく。そっと出される料理のような言葉です。

タイトルから、登場アイドルは予測できるかな、と思います。1、3、4は間違い無いですね。
どのアイドル達も、本当に素敵で、そして素顔で描かれています。だから、心から応援したくなる。
そんな、新しいアイドルの表情も再発見できる、素敵なシリーズです。

また、ポイントは全ての回が7分程度で終わる点。
これも、絶妙な長さです。ちょっとの空き時間で視聴できるので、1品ずつお気軽に。
私は、何度もおかわりを頂いております。2度目、3度目でも、美味しいです。


……参りました。
このシリーズを見てしまったせいで、ゲーム中の事務所の移転を喜べなくなってしまいそうです。
あの店主さん、お店の移転とか考えてくれるかなぁ。
ずっとアイドル達の支えになってやって欲しいです。

テーマ : アイドルマスター
ジャンル : ゲーム

検索フォーム

プロフィール

ガルシアP

Author:ガルシアP
◎レッガー=●カブキ=カブトワリ

twitterでは “ gar_cia_P ”。

SS書いてましたが、
動画も始めて3年経過。
こちら、デビュー作です。


360版からアイマス界に参加。
ゲームもCDも中の人達も、
ニコマスもSSも、大好き。

Web-:http://garciap.web.fc2.com/
mail:underkoverloverz◆gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ドミノ・ピザ最高!
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
アクセスカウンター
最新トラックバック